イーストリバーサイクルズ での出来事

eastriver1.exblog.jp
ブログトップ
2011年 11月 30日

Water Cycling Messenger Bag 入荷

Water Cycling 、文字通り「大気圏内の水の循環」。

そんなコンセプトをもとに造形作家のカナヤマ コウジ氏がやっているブランドです。

本来の役目を終えて廃棄された製品や部品は彼の手とアイデアによって、素晴らしい製品によみがえります。



P1090687

Water Cycling Messenger bag ¥45,000



廃タイヤを使ったアクセサリーというのは昨今ではめずらしくなくなりましたが、彼の作る製品は「Water Cycling」というアイデアの一点において他と明らかに一線を画しています。





P1090691
使用済みのチューブラータイヤは、彼の手によって丁寧に裂かれ、糸が抜き取られ、その糸によってさらに縫い直されます。



P1090692
どこかでこのチューブラータイヤを大切に使っていた人がサイドを繕った跡も、彼のアイデアによってバッグのワンポイントとして採用されました。




P1090694
こんなタイヤが擦り切れた個所がバッグの底に見つかると、手に入れた方は得した気分になるのではないでしょうか。




P1090699
表面の状態が比較的良いタイヤは、役目を終えていないのですべってはいけないストラップへと。
固定ギアのロックリングがバックルに変身しています。




P1090693
古くなったトーストラップは、バッグのフラップが開かないように抑え。




P1090695
内部も期待を裏切らぎりません。





私のような言葉足らずな者が細かいところを取り上げて「すごい、すごい」と書くと、とてもたいしたことのないように勘違いされてしまうかもしれませんが、このバッグ全体を前にしたときに、またかついで鏡を見たとき、そのセンスのよさは凄いと思うはずです。

かつ元メッセンジャーであったり手を使って丁寧にものづくりをしているコウジ君の作品らしく、とても使いやすく温かい感じがします。








かくいう我がイーストリバーサイクルズも、内装や什器は彼の手によるものです。


P1090700 P1090701

P1090702 P1090704

P1090705 P1090706




先日「BICYCLE PLUS」さんが、思いがけなく当店を大きく取り上げてくださいましたが、
P1090709
コウジ君の内装という「作品」が取り上げられているのではないかと、開店して約一年半経ってもコンプレックスのある自分。
がんばります!






P1090698
とにかくWater Cycling のバッグ、素敵ですから一度見に来てください。



お待ちしております!
[PR]

by shun_okano | 2011-11-30 21:05 | WATER CYCLING


<< 2012年モデルのORBEA ...      VIVALO SPECIAL ... >>