<   2014年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2014年 06月 24日

VIVALO 展示会 やります!

P1080403

IMG_3250



イーストリバーサイクルズは開店当初からVIVALOとともに歩み始めてから、早や4年近くになります。


「そういえば、VIVALOの展示会ってやってなかったな」とふと思い、このたび小規模ではありますが展示会を開催することに致しました。





開催日は7月11日(金)・12日(土)・13日(日)の3日間。

もちろん開催場所はイーストリバーサイクルズ。







VIVALO をオーダーしてくださるお客様は、店主である私が書いたブログや、flickrにアップした写真などを気に入ってくださって御来店いただくのですが、実物を見るのは御自分のVIVALOが初めてという場合がほとんどです。

ただ、当たり前ですが「写真を液晶画面で見る」のと「実物を目の前にして見る」のでは、大きな違いがあります。

もしかしたら音楽をCDを聴くのとライブを見にいくくらいの違いがあるかもしれません。





詳細については決まっておりませんが、当店や神戸本体の所有車以外に3~4台のVIVALOをお客様からお借りするする予定です。

場所の問題もあり多くは展示できませんが、それぞれのお客様の「こういう自転車に乗りたい!」という想いが投影された、渾身の1台ばかりです。




VIVALOを御検討されているお客様はもちろんですが、すでにVIVALOを所有されているお客様も足をお運びいただけるとうれしいです。




ブランドの紹介や当店で提供させていただいたVIVALOの自転車については、コチラを御覧ください。















d0180357_1140266.jpg





詳しいことはまた追ってお知らせ致します。

宜しくお願い致します。
[PR]

by shun_okano | 2014-06-24 16:05 | VIVALO
2014年 06月 20日

またまた 小柄なオーナー様のVIVALO 650C ロードバイク 

湿気が多くて、いかにも季節の変わり目といった感じのここ数日。

IMG_5604

はっきりしない天気が続きますが、降っていない夜は涼しくて、自転車に乗ると気持ちが良いですね。










春先に御注文いただきました650CのVIVALOのロードバイクを先日納車致しました。

IMG_5570

IMG_5574

IMG_5577


オーナー様は、以前にVIVALOを御注文してくださったS様の奥様。

身長が150センチ弱と小柄でいらっしゃるので、やはり既製品ですとなかなかこれと思うものがない。

当店のVIVALO 650Cロードバイクの記事を見て、そしてもちろん旦那様のお奨めもあり、今回オーダーしてくださるに至りました。

誠にありがとうございました!





やはり650C にすると、ホリゾンタルなトップチューブが可能となり、形が非常にスマートにまとまります。





KAISEI019で作られたフレームは、しなやかで快適な乗り味。

DT、カンパ、ブルックス、スギノといった定番のパーツチョイスも、自転車の性能を引き立たせてくれます。

IMG_5579

IMG_5583





最近、よく感じることですが、やはりお若い方のフレームやデカルを選ぶセンスは、私の世代よりも明らかに優れていますね。

S様のロードも全体的にすっきりしているけど、デカルのカラーや配置したところが生きていて、とてもよKまとまっています。

IMG_5581

IMG_5578




ちなみにトップチューブとダウンチューブのVIVALOロゴは非対称。

IMG_5584





これからはお二人で遠出して楽しんでいただきたいですね!








650C ロードは、ホイールやタイヤの選択肢がかなり少なくなります。

しかし、レース性能等にこだわるような走り方をしないのであれば、リムやタイヤが消えるということはまずありません。

そして、何よりもきれいなホリゾンタルのフレームになるという大きなメリットがあります。






VIVALOでは小柄なお客様のお身体に合わせて、650Cのフレームもお作りしますので、御興味のあるお客様は是非御相談ください。

お待ちしております!












最近、自分は自転車に乗っているときは、だいたいこの曲が頭の中で流れています。

そういう自転車乗り、結構いるんじゃないでしょうか?
[PR]

by shun_okano | 2014-06-20 19:44 | VIVALO
2014年 06月 17日

春のライド  その2

6月も半ばに入って、雨が降らない日はすっかり夏らしくなってきました。

__



少々季節外れではありますが、春にお客様と行ったライドの報告「その2」です。







GW中にはVIVALOを購入してくださった女性のT様から、「ライドに行きたい!」とのリクエストをいただき、数人で秋ヶ瀬公園から越生まで走ってまいりました。


IMG_1498

個人的にはもう少し遠出したかったのですが、連休前半だったので、どこも混雑するだろうと予想し、近場の荒川沿いを久し振りに走ることに決定。

T様から輪行もやってみたいとのリクエストもありましたので、実習も兼ねて(?)上野から浦和まで輪行して、浦和から秋ヶ瀬公園にアプローチしました。

河口あたりから秋ヶ瀬公園まで走っても、面白くないですからね。




IMG_1504

IMG_1511

田んぼの真ん中を抜けて、橋を渡り荒川右岸へ。

風景は牧歌的になってきますが、久し振りに走るとローディーの多さにびっくり。

サイクリングロードの細くなっているところやや橋の歩道をびゅんびゅんとばすので、結構こわいです。




IMG_1512

__

途中、本田エアポートで休憩。

なかなかセスナが飛ぶところを見ることなんてないので、ちょっとした非日常感が味わえる場所です。

こういうところに自転車で行くという行為がとても好きなイーストリバー店主。





その後、荒川CRを降りて、だだっ広い農地の真ん中の一本道~都幾川沿い~物見山を上って、越生へ。

20140503_ERC-ride_02

物見山は初心者の方が上るには程よいきつさ。

楽しんで(?)いただけたようです。



IMG_1525

そして、お約束の越生のシロクマパンさんに寄って折り返し。




20140503_ERC-ride_01

かなり久し振りの平地メインのライドでした。

みなさんと一緒に走れて楽しかったですが、景色があまり変わらないので、ちょっと山が恋しくなりますね。










5月の終わりには、固定の師匠と箱根の外輪山を散策しました。



IMG_1637

IMG_1640

普通のビジネスマンと修学旅行の学生が混在する、独特な雰囲気の小田原駅に集合してスタート。



IMG_1643

街中と住宅街を抜けると、程なくして林道の入口に到着。

強羅まで抜ける裏道ということで、休日はタクシー等がびゅんびゅん通るようですが、行った日は水曜日だったので地元の車がたまにとばしていく程度で、信号もなく快適に走れました。

馴染みのある房総と違って、山深く空気が澄んでいる気がします。

そりゃ歴史のあるリゾート地ですものね。



IMG_1690

ただ、今回はコースの「散策」なので、ライダーが普通行かないようなコースにもトライ(というか、私は師匠についていっただけなのですが)。

ところどころダートがあったりします。




IMG_1652

こんなところも。



実は今回VIVALO CX の「かつぎパイプ」が初めて本領発揮しました。

P1080562

担ぐときに角度が変えられるのがミソ(ということが初めてわかりました!)。

木の枝を避けたりする際に、スムーズに自転車の角度を変えることが可能になるわけです。




IMG_1666

外輪山というだけあって、上ると駅伝で出てくるような町が見下ろせます。




そして、山を下りてからは、平日でもそこそこ混んでいる1号線に戻り、箱根湯本へ。

IMG_1699

IMG_1700

温泉につかってから、日が陰りつつある箱根の山々を背にして、輪行して帰りました。









最近、輪行して山を自転車でゆっくり上ることに、とても喜びを覚えている店主であります。



輪行する場合、電車内でのスペースが限られているので、やはり大人数で行くことはとても難しいと感じている昨今。

「輪行して空気のいいところ走ってみたい!」というお客様がいらっしゃいましたら、日帰りツーリングを企画しますので、お申し出ください。



近場でもいいところあります!








IMG_1711

最近、電車に乗るのも好きなんですね。

単線のローカル線もいいし、特急も個性があって楽しい。

混んでいる在来線ではグリーン券買ったりして、プチ贅沢を味わってみたり。
[PR]

by shun_okano | 2014-06-17 22:07 | イベント
2014年 06月 12日

Cafe du Cycliste 2014 春夏もの ようやく入荷

最近ではイーストリバー店主の使用頻度がもっぱら高い、Cafe du Cycliste のジャージ。

IMG_1692



レーシー過ぎず、且つ高機能で着心地が良いところが気に入っています。









春先から入荷を待っていたのですが、6月に入ってようやく春夏ものが出そろってまいりました。

少人数でやっているブランドらしいので、しょうがないのですね(笑)

全ラインナップというわけではございませんが、店主のセレクトで数点が入荷しましたので、紹介させていただきます。






先ずは昨年から継続の Violette Jersey

今年から新カラーの登場です。



IMG_5516

IMG_5517

5241b133-205c-40b6-9002-2f8d53aa4421

Green(継続カラー)



IMG_5508

IMG_5509

5344f36f-30fc-4a66-80ce-6f4b53aa4421

Blue



IMG_5512

IMG_5513

5344f72b-fa20-465e-8a95-6f4b53aa4421

Orange



IMG_5519

IMG_5521

4fc2950e-7324-4d2c-98cc-2dd4b2216744

Vin


Violette jersey   ¥22,680 税込



シンプルなデザインと、メリノウールが含まれることによる快適な着心地に評価が高いモデルです。

昨年はグリーンだけでしたが、今期より3カラーが追加されました。

何故かすべて同じデザインではなく、ブルーとオレンジには右袖とバックポケットにあるブランドロゴがなく、ヴァン(紫)は襟・袖口・ジッパーのデザインが異なります。

このアバウトさが、フランスっぽくて良いと思ったりします(笑)

もちろん、ジャージ自体はすべていっしょの素材・クォリティーです。






そして、今期の新作 Fleurette jersey

IMG_5533

IMG_5535

534407fb-4c1c-4f83-9a8a-73dc53aa4421


Fleurette jersey
¥21,384 税込



ラインナップ中、最軽量の130g。

良質な薄いポリエステル素材でできており、日本の蒸し暑い夏にはぴったりのジャージではないかと思います。

デザインのドット柄が、やはりCafe du Cycliste らしく品が良い。

最近流行の長めの袖は、気温や気分に応じてロールアップすることが可能。

写真のブルー以外に、ポルト(ワインの色みたいですね)のカラーのものもあります。

534409a3-1518-4794-b79c-760053aa4421







これらの新作以外にも、御好評いただいている Suzanne jersey Henriette jersey も入荷しました。

IMG_5541

4fc299fe-0acc-41b5-8ed0-6b5ab2216744

Suzanne jersey   ¥21,060 税込



IMG_5551

5241b6c0-2fd0-4111-b487-2f8d53aa4421

Henriette jersey
   ¥18,900 税込



初めてCafe du Cycliste に興味持った方であれば、先ずはここらへんのジャ-ジから、是非試していただきたい。

ともにポロシャツに近いメッシュ素材が使われており、周囲に威圧感を与えずさらっと着れて、さらにライディング時の快適性も抜群です。

Suzanne の方がベンチレーション機能は上ですが、Henriette の方がよりカジュアルライド向きなシルエットとつくりになっています。






小物の新作ではネックウォーマーが入荷。

IMG_5567

5344138c-c0fc-4072-8ce8-760053aa4421

blue


IMG_5568

53441350-aae8-4f39-809b-760053aa4421

grey


Loulou Neck Warmer   ¥4,536


これもCafe du Cycliste らしい洒落た逸品。

ウォーマーというよりも、スカーフのようにも見えます。

メリノウール混紡の素材は軽く、保温性も高い。

真夏には暑いかもしれませんが、それ以外の季節にはとても重宝するのではないでしょうか。





前回入荷時には、大変好評であっという間になくなってしまったキャップも入荷。

IMG_5031

IMG_5013

IMG_5022

IMG_5025

Cycling cap   ¥3,456 税込



シンプルですが、つばのドット柄 等、細かいところが気が利いています。

どんなウェアにも合わせやすいですね。









在庫がないものでも、サイズやカラーによってはお取り寄せ可能ですので、何なりとお問い合わせください。


ウェブショップはコチラになります。




Cafe du Cycliste 、是非一度お試しいただけるとうれしいです!












d0180357_2236423.jpg


フランスのこういう写真を見ると、やはり光の具合が全然異なります。

服の色のセンスもそりゃ違うわけです。
[PR]

by shun_okano | 2014-06-12 22:49 | Cafe du Cycliste
2014年 06月 08日

春のライド  その1

6月に入り程なくして、関東も梅雨入り。

IMG_5504

自転車店にとっては厳しい季節になりましたが、みなさま、いかがお過ごしでしょうか?






何度も書いてますが、今年は春らしい春だったので、小規模ながらお客様と何度かライドに出かけました。

ずっとブログに書いていなかったので、まとめて報告させていただきます。






4月の終わりには、いつもお世話になっている固定ホルモン会の方々と秩父方面へ。

固定ホルモン会では、ここ数か月未舗装路を固定ギアで走ることがトレンド(?)となっており、今回もその一環となるライドでした。

店主もVIVALO シクロクロスを固定仕様にして参加しました。


IMG_1379

飯能駅からスタート。



IMG_1395

IMG_1400

良い天気に恵まれ、いざ林道へ。

しばらく舗装路を走ります。



IMG_1410

秩父は東京から程なくアクセスできますが、ちょっと上るのこの絶景。

自転車に乗る醍醐味がここにあります。



IMG_1414

そしていよいよ未舗装路へ。

粘度質で走りにくい道だったので、ときには担いだり歩いたりしながら前進します。

下りはもちろんスキッドで。

土の上を固定ギアでスキッドするのは、かなり面白い。



IMG_1421

山桜。言う事ありません。




IMG_1444

IMG_1451

固定ホルモンの流儀どおり、程よく楽しんで下山。

飯能駅前の居酒屋で反省会をして、輪行で帰りました。



固定ギアCXで初めて林道ライドに参加しましたが、これは確かにはまりそうです。

シクロクロスでのツーリング向きのコースというと、ちょっとルートを吟味しなければなりませんが、面白そうなので機会をみて散策したいと思います。










その数日後には、実行委員として店主が携わっている「秋ヶ瀬の森バイクロア」のスタッフたちと、埼玉の本庄方面へ。

秋ヶ瀬とは別のバイクロア企画イベントの下見ライドでした。




IMG_1460

本庄方面というのは、サイクリストにとっては馴染みの薄い地域ですが、これが非常に面白かった。

スタートしてから程なく、小川のせせらぎを聞きながら、何とも趣きのある古民家の前で一枚。



IMG_1462

IMG_1468

美しい渓谷を上っていくと、「ドーン」と巨大なダムが登場。




IMG_1470

日本に数か所しか存在しない「直角型ダム」である下久保ダムの反対側に回ると、運よく放水していました。

初めて見るダム放水の迫力に感動!

水しぶきのシャワーが気持ちいいです。


IMG_1473

IMG_1476

IMG_1475

ダムには巨大なつり橋(?)がかかっていて、これも感動。

橋の上からの風景も素晴らしい。



IMG_1479

峠からも橋が見えました。

なかなかの絶景。



IMG_1481

ダムの真上から。



IMG_1487

IMG_1484

帰りには村の方のお宅に寄らせていただいて、山菜のてんぷら蕎麦をいただきました。



残念ながら諸事情によりイベント企画は中止となってしまったのですが、下久保ダムとその周辺のルートは是非多くの方に訪れていただきたいですね。

このへんは夏は暑いので、少し暑さが落ち着いたあたりで、店でライドイベントをやる予定です。

お楽しみに。








それでは、「その2」に続きます。
[PR]

by shun_okano | 2014-06-08 22:20 | イベント
2014年 06月 03日

2台目にVIVALOはうれしい

オーナーのT様はお持ちだったCALAMITA のロードが盗まれてしまい、代わりによい自転車を欲しいと考えていたところ、ウェブを通じてVIVALO と出会い当店にいらっしゃいました。

2台目にVIVALOを選んでくださるのは、本当にうれしい限りです。




そこで、できたのがこれ。

IMG_5263

IMG_5275

IMG_5270

シンプルにかっこよく仕上がりました。

誠にありがとうございます!






パイプはスタンダードなKAISEI019。

カラーは単純な黒ではなく、グレーとブラックの中間の微妙なカラーに。

IMG_5279




デカルもシンプルに。

IMG_5281 IMG_5283




コンポはフレームカラーとあわせて、CAMPAGNOLO VELOCE をチョイス。

ホワイトのCINELLI カレイドリボンとSELLE SANMARCO コンコールは、ちょっと浮くのではないかと心配しましたが、意外とよくまとまっています。

IMG_5289

IMG_5287

"Ride for Japan"バージョンについては、「こういうアクションはうれしい」というT様の想いから選ばれました。

いいポイントになっています。








この内容でだいたい20万円台の半ばですから、大手メーカーのカーボンフレームの完成車と同じくらいのお値段になります。






クロスバイクや10万円くらいのロードから乗り換えをされる際に、やはり多くのお客様はカーボンフレームの完成車を選ばれるようです。


ただ、「競技よりもほとんどツーリングで使う」とか、「軽さも重要だけど、快適性も重要」とか、「ルックスはとにかく重要!」いう場合には、良質なクロモリでハンドメイドされたカスタム車もありではないでしょうか?




仕様やカラーをすべて自分でチョイスして、VIVALOでオリジナルな1台をいかがでしょうか。

東京の販売代理店であるイーストリバーサイクルズが御相談に乗りますので、是非お気軽にお問い合わせください。

お待ちしております!
[PR]

by shun_okano | 2014-06-03 23:19 | VIVALO