<   2014年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2014年 03月 31日

「東京自転車物作り」で自転車風呂敷講習会やります

今週末はこんなイベントに参加することになりました。

d0180357_18133397.jpg


「参加者」としてではなく、「主催者」の一人としてです。




「東京自転車物作り」は、日頃から親しくさせていただいている浅草橋のカフェ&バーKUHNS のC社長の発案で、自転車関連のお店やメーカーと共同開催するポタリングイベント。

ポタリングといっても、ただ自転車で名所や知り合いの店をめぐるだけでは、普通過ぎて面白くありません。

そこで、「参加者のみなさんに、自転車にまつわる物作りや作業体験をしながら、ポイントとなる会場をめぐってもらう」という、ちょっと変わった趣向を凝らしてみました。





イーストリバーサイクルズでは、これに合わせて以前にも紹介した「風呂敷サドルバッグ」の講習会を開催致します。

Furoshiki Bike Pack

イーストリバー店主が「どんなサドルバッグよりも便利」と豪語する(?)、風呂敷によるパッキングのやり方を講習致します。

憶えたらあなたもサドルバッグには戻れなくなるはず・・・・



詳細はコチラのブログの記事を御覧ください。




御興味のある方は、是非!







開催日: 4月6日(日)


「東京自転車物作り」参加受付: 浅草橋 KUHNS 10:00~10:30 に集合してください。
d0180357_1381034.gif

受付後、イベントに関する説明会があります。
受付されていないお客様は、当店を含め各所のワークショップに参加できませんので、御了承ください。

「東京自転車物作り」参加料: 500円(ポタリングマップ代・アウターパーティー代 込み。各所のワークショップ代は別になります。)

ERC風呂敷サドルバッグ講習会時間: ①11:15~ ②13:00~ ③14:30~

講習費: 500円(マニュアルのプリント付)

講習に必要な持ち物: 50x50~70x70サイズの風呂敷かバンダナ









イベント開催に併せて、当日はイーストリバーサイクルズ オリジナルの「バイク風呂敷」の新作を販売致します。


こちらは、市販されているものでは滅多に無い60x60という特殊なサイズ。

経験上、自転車では非常に扱いやすい大きさです。

IMG_4005 IMG_4008

写真は前に販売したもののデザインですが、こんな感じで包めます。


生地についても、薄さと耐久性のバランスがとれた厳選されたもの。

お値段はマニュアル付きで ¥2,000 税込。


イベント参加の記念におひとついかがでしょうか?



当日、「バイク風呂敷」を御購入くださったお客様は、講習費は無料になります。









「東京自転車物作り」では、他の会場でも面白そうなイベントが目白押し。

d0180357_2034497.jpg


夕方からは、浅草橋の特設会場でアフターパーテーがあります。

イベント全体の詳細につきましては、こちらのFBページをチェックしてください。






桜も見ごろですから、今週末は下町方面へ自転車で足を運ばれてはいかがでしょうか?

IMG_1172

お待ちしております!
[PR]

by shun_okano | 2014-03-31 21:20 | イベント
2014年 03月 27日

今年もCieloの新ラインナップが受注開始

今年もNorth American Handmade Bicycle Show が終わり、Cielo の2014年度のラインナップが発表されました。





新しいラインナップとしては、先ずはRoad racer

d0180357_21292967.jpg


d0180357_21294997.jpg


Cielo Road Racer

¥308,000 税抜(Chris king Inset8 ヘッドセット,Enveカーボンフォーク付属)


これまではCieloのロードというとSportif Racer だけでしたが、ジオメトリーがさらにレース寄りとなり、Enveのカーボンフォークが標準となった”スピード系”のモデル。

BBはプレスフィット30、ヘッドチューブは44ミリを採用し、まさに現代的な「戦えるクロモリフレーム」となっています。



カラーはRacer Color の6色から選べます。

d0180357_2142769.jpg


レーシングカーからヒントを得たであろう、攻撃的でポップなデザインが素敵です。

近々にディスクブレーキモデルも発表予定。







それから昨年のPurple Edition に引き続き、今年はやはりTurquoise Edition がでます。

d0180357_21543710.jpg


Cielo Turquoise Edition

Sprtif Classic ,Sportif Racer,Cross Classic  ¥248,000 税抜(Chiris king ターコイズヘッドセット付属)

Mountain Bike ¥210,000 税抜(Chris king Inset7 ターコイズヘッドセット付属)



パープルエディションのときは限定のシャンパンシルバーでしたが、今回もこの仕様のみのスペシャルカラー、コニャックブラウン

このセンスがさすがですね。実物を見るのが楽しみです。

このスペシャルエディションのフレームセットは、ヘッドセットが含まれていてお得ですので、カラーを気に入られたお客様は、この機会にCieloを是非。





その他のラインナップは、Overlanderが消えた他は特に変更はありませんが、スタンダードカラー(Classic Colorという名称のシリーズになりました)にRubyが加わりました。

d0180357_2214342.jpg


これも実際に見ると上品な真紅なんでしょうね。

これまでCieloのラインナップに”赤”というのは無かったから、赤好きの方には吉報です。





さらにフレームセット以外に、今年はオリジナルのステムの販売が開始されます。

d0180357_2218521.jpg


Cielo Racer Stem ¥37,000 税抜


d0180357_22193946.jpg


Cielo Classic Stem ¥37,000 税抜



Chris King の工場で製作されるステムですから、もちろん高い精度と剛性を誇ります。

さらにステム本体はCielo のフレームカラーの全ラインナップを、ステムキャップはヘッドセットにもある主だった9色をそろえています。

これからフレームを御購入される方はもちろん、すでにCieloをお持ちのお客様もいかがでしょうか?

角度は+/- 6°と0°から選べます。







既存の機種の定価は、やはり円安の影響で少し上がりました。

詳細はコチラを御覧ください。

れいによって31日までに御予約いただければ(あと数日しかありませんが)、数千円ですがお得ですので御検討ください。

消費税も上がりますからね。







話し変わって、Cielo関連で、というかウエストコースト(この呼び方最近するのか?)関連で、ここ最近個人的にぐっときてるのがGrateful Dead というバンド。
このバンドの音は前から好きなのですが、CDをプレイヤーに乗せる回数が多くなった昨今です。

d0180357_22384216.jpg


いわゆる”ヒッピー”の代表のようなバンドなのですが、他のメジャーなロックバンドとは全く違った方法でファンを増やし、独特のカルチャーを築いたバンドです。


グレイトフル・デッドは知らなくても、デッドベアは知ってる人は多いはず。

d0180357_23213995.png


当店でもヘッドキャップを売ってたりしてます。

d0180357_2323926.jpg


最近では、その軌跡が経済学者や企業家にも評価され、グレイトフルデッドのマーケティングスタイルを紹介したビジネス本が出てるほど。







MTBの文化というのは、デッドが活動を始めた60年代の西海岸のヒッピーカルチャーから出てきたものであるということは、御存知な方は御存知なはず。



別に自転車を楽しむ上では、知らなくてもいいことではありますが。



時代は変わって2014年なわけですが、現在でもChris King に代表されるような西海岸のバイクカルチャーは、ずっと地続き(?)で60年代に発生したサブカルでやってきている気がしてなりません。

d0180357_23441784.jpg


一昨年にNAHBS行ったときは、それをびんびん感じました。



そのサブカルチャーだったものが、今や世界の最先端なんだからすごいですよね、アメリカって。

デッドにしてもNAHBSにしても、キングにしても。






d0180357_23514377.jpg


そんな背景に想いを馳せながら、自転車選びをするのも楽しいもの。

Cieloの新しいの、御検討くださいませ。
[PR]

by shun_okano | 2014-03-27 00:21 | CIELO
2014年 03月 20日

VIVALO イタリアン調

今回紹介させていただくH様のVIVALOは、そこはかとなくイタリアンな感じです。

IMG_4947



なんか、こういうところを走っていそうな雰囲気です。

d0180357_2155784.jpg


さすが、クリェイティブ系のお仕事をされているH様。






このブログでも何回も紹介させていただいているとおり、VIVALOは御自分でデザインを自由にできます。

塗装場が工場の中になりますので、ほぼお客様のイメージ通りに仕上がります(難易度が高いものもありますが)。

ただ、何でも御自分の好きにやる前に、ネットで検索などしてたくさんのクロモリバイクの完成車の画像を見ていただくことをお奨めしています。

やはり、組み上がった形のものの一部をまねすることによって、しっくり仕上がる可能性が一番高いからです。







IMG_4951

IMG_4953

というわけで、H様のVIVALO

今回バイクをオーダーしていただくにあたり、私が差し上げたアドバイスに従って、ネットで沢山のバイクの画像を見て参考にしてくださったようです。

おそらく、その過程で御自分がどんなバイクに乗りたいか、確かなものになったのではないかと推測します。




IMG_4965

シンプルで良い感じに仕上がりました。





細かい部分やパーツの選択も、まとまりがあります。

IMG_4956 IMG_4921

IMG_4929 IMG_4923

IMG_4920 IMG_4935



もちろん、あえてまとまりが無いのも面白いのですが(笑)






d0180357_1530026.jpg


イーストリバーサイクルズが御相談に乗りますので、何なりとお問い合わせください。

お待ちしております!
[PR]

by shun_okano | 2014-03-20 15:35 | VIVALO
2014年 03月 15日

R45 ハブ ぼちぼちオーダーいただいてます

以前にも紹介したことがあるChris King の軽量ロードハブ R45

そのR45の手組みホイールが、パーツの組み合わせやカラーの自由度の高さが喜ばれているのか、じょじょに人気が高まってきております。



昨年末くらいから、R45 の手組みホイールのオーダーをいくつかいただきましたので、紹介させていただきます。




1台はお手持ちのスペシャライズドのカーボンフレームに、R45 の手組みホイールをインストールされたお客様。

IMG_4943

IMG_4941

CHRIS KING R45 ROAD 11 Speed

ブラックのカーボンフレームにキングのピンクが映えますね。




リムはDT SWISS のRR440をチョイス。

最近発売された非対称バージョンでリアを、スタンダードなものでフロントを組ませていただきました。

CHRIS KING R45 ROAD 11 Speed


BBもクリスキングのピンクで。

IMG_4938


Chris King のハブには、クイックリリースが付属しておりませんので、それを選ぶのもひとつの楽しみ。

今回は固定力で定評のあるENVE のクイックを選んでいただきました。

CHRIS KING R45 ROAD 11 Speed



お客様には乗り味がだいぶ軽くなり柔らかくなったと喜んで、いただきました。

誠にありがとうございます!






もう一台はお手持ちのオールドバイクにCAMPAGNOLO仕様のR45手組みホイールをインストール。

IMG_5103

IMG_5104

IMG_5113

IMG_5107

LITE SPEED のオールドフレームですが、こういうクラシックバイクとR45の相性も悪くないですね。

形状がシンプルなので、どんなバイクにも合います。

渋いピューターカラーも素敵です。




IMG_5105

リムは定番のMAVIC OPEN PRO ブラック。


IMG_5115

クイックリリースはSALSA FLIP-OFFS のピューター。

こちらも定番ですね。

豊富なカラーバリエーションと強い固定力で人気です。



こちちらのお客様は某完組ホイールメーカーのエントリーグレードのホイールを使われていたのですが、全く異なる乗り味にかなり喜んでいただきました。

誠にありがとうございます!





手組みホイールは初期の振れ取りをしなければならなかったり、R45ハブは定期的にガタ調整が必要だったりと(やり方はお教えします)、御購入いただいてからの手間が少しかかります。

しかし、それを差し引いても余りある、決して完組ホイールでは味わえない快適性があります。

これからホイールの御購入を予定されているお客様がいらっしゃいましたら、是非Chris King R45の手組みホイールも御検討ください。


お値段はリムにもよりますが、アルミリムでしたら12万~16万くらいで御提供可能です。






d0180357_2030263.jpg



d0180357_20301871.jpg



お問い合わせ、お待ちしております!
[PR]

by shun_okano | 2014-03-15 18:53 | Chris King
2014年 03月 07日

冬の旅にVIVALO

昨年末に御注文いただいたY様(女性)のVIVALOを、先月の半ばに納車致しました。

誠にありがとうございました!

IMG_4862



ちょっと急ぎめで、先月半ばに納車させていただいたのには理由があって、その翌週に有給をとって数日間、しまなみ海道方面を自転車で旅行されることになっていたのです。

冬の自転車の旅。

ロマンチックでいいですねぇ・・・・



IMG_4865

IMG_4867




実はY様は昨年に1台VIVALOを御購入いただいたのですが、不運にも間もなく事故に遭われ自転車が廃車となってしまいました。

しばらくはお身体も大変だったようですが、「やはりまたカスタムオーダーの自転車に乗りたい」と思って、回復されてからイーストリバーに戻ってきてくださいました。

本当にうれしい限りです。




前のVIVALOもブルーがベースでレッドが一部入るという配色は変わらないのですが、せっかくなので色の感じを少し変えたり、VIVALOのロゴを変えたりしました。

IMG_4873

IMG_4872 IMG_4870

ブルーはちょっとメタリック(キャンディーともいいます)が入っていて、独特の光沢があります。



IMG_4878 IMG_4880

IMG_4879

パーツについては、御満足いただいていたようで、そのままのTIAGRAメインの仕様。





チャージがかかりましたが、VIVALOのオリンピック記念ステッカーや、御自身でデータを持ち込まれてお作りしたオリジナルの亀ステッカーも追加。

IMG_4869 IMG_4875

こういうところをあれこれ考えるのが、VIVALOカスタムの楽しいところです。




フレームはKAISEI4130Rの軽量パイプを使っていますので、そこそこ軽く、しっかりと良く走ります。

きっと御満足いただいていることでしょう。





その後、お目にかかっていませんが、楽しい旅を過ごされたことと思います。





あなただけの唯一無二のカスタムオーダーバイク、VIVALO

御興味のあるお客様は、是非イーストリバーサイクルズまで御相談ください。

お待ちしております!











冬の瀬戸内海の海はこんな感じなんでしょうかね?
[PR]

by shun_okano | 2014-03-07 19:21 | VIVALO
2014年 03月 04日

Cafe du Cycliste 春秋モデル 少々入荷

優しいデザインと着心地で定評のあるCafe du Cycliste のサイクリングウェア。

当店でも御好評いただいております。

5241af1e-b46c-4afa-9259-2f8d53aa4421

決してレーシーにならないが本格的なサイクリングウェア、という落としどころが絶妙なのです。




数人で営んでいる小メーカーであるがゆえ、入荷数が少量ではありますが、このたび長袖ジャージ他、数点が入荷しましたので、紹介させてください。








IMG_4981

52757c71-67e0-4ee4-bdb7-04fd53aa4421

52715939-79f8-4a00-87d4-0a4553aa4421

Madeleine Windproof Jacket    ¥18,900



先ずは軽量な防風ジャケット。

素材はポリエステルで、襟と袖にはライクラが使われています。

50a36a84-6c38-4558-be29-034cb2216704 IMG_4984

当然、コンパクトに折りたため、ジャージにバックポケットにすっぽり入る大きさに。

リフレクター機やベンチレーションの機能もばっちりです。

IMG_4976 IMG_4973

IMG_4994 IMG_4990



最近はサイクルウェアのブランドも増え、どのメーカーも工夫を凝らした製品を出しています。

正直言ってCafe du Cycliste のウェアが、性能面ではそれ程突出したところがあるとは言い難いです。


ただ、このクラシックな雰囲気の柄は、他のメーカーでは滅多に見ないのでは?

50a36aa1-bc30-4ca8-8480-04e5b2216704

本格的なライドはもちろんのこと、街乗りにも是非お試しくださいませ。







同じ柄と素材のジレもございます。

IMG_4971

50c59492-7920-4b98-8fff-251ed5ba2104

Madeleine Windproof Gilet   ¥16,170



こちらは背中に広くメッシュが使われており、より暖かい季節での使用を想定しております。

IMG_4974

重量はちょうど100グラムと軽量です。







さらに春秋、初冬くらいまで使えるメリノウールのロングスリーブジャージ。

IMG_4997

527fa850-fd2c-4345-b605-1bc053aa4421

527fa867-2138-4804-aaea-1bc153aa4421

Yolanda Merino Jersey   Khaki    ¥26,250


Cafe du Cycliste のラインナップの中でも評価の高い、メリノ系のジャージのロングスリーブバージョンです。

汗による湿気を適度に外に逃し、内側の暖かさを保ちます。

IMG_5009


襟・肩・袖の部分は、保温機能も優れていそうで、ルックスも洒落ています。

IMG_5008 IMG_5001

IMG_4999


ディテイルも凝っていて、うれしいですね。

IMG_5003 IMG_4998


ジャケットやジレ同様、カーキの生地が落ち着いた雰囲気の色と柄。

特別なサイクリング用のよそいき(?)にしたい一着です。






小物ではサイクルキャップも入荷してきました。

IMG_5027

IMG_5031

blue


IMG_5036

IMG_5013

grey



IMG_5020

IMG_5022

cream


Cycling Cap 各 ¥3,360



これも特筆すべきところはありませんが、カラーが非常に洒落ているのと、

ヘルメットをかぶったとき

5241af16-5ec4-4855-95c6-2f8d53aa4421

水玉模様がでる。

「だからなんだ!」といわれてしまえばそれまでですが、こういう遊びがうれしい。


つばの裏側も

IMG_5035

こんな具合。



パッケージも

IMG_5080

必要以上に凝っています。






相変わらずフランスらしい、優しさにあふれたCafe du Cyclista のサイクリングウェア。

山間部はもちろんのこと、3月や4月でしたら平地でもまだまだ大活躍すると思いますので、是非一着いかがでしょうか?


現在、当店にありますのはMサイズですが、別サイズもお取り寄せ可能ですので、お問い合わせください。

ウェブショップはコチラ

お待ちしております!








d0180357_23365825.jpg


Cafe du Cycliste のスタッフは、こんなところを普通にライドしているらしいです。
[PR]

by shun_okano | 2014-03-04 13:39 | Cafe du Cycliste