<   2013年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2013年 07月 30日

オリジナル自転車用風呂敷、つくりました

当店のブログをまめに見てくださっているお客様はお気付きかもしれませんが、イーストリバーの店主はサドルバッグの代わりにいつも風呂敷を使用しております。





IMG_3408

IMG_5676





私の自転車の師匠、Nさんから風呂敷でのパッキングを教えていただいてから、いつしかバッグパックやサドルバッグを一切使わなくなり、日帰りツーリングの備品の携帯は、風呂敷とジャージの背中のポケットのみとなりました。


IMGP3792





以前、N師匠になぜ風呂敷を使うようになったのかうかがったところ、バッグパックは背骨が押さえつけられてしまい気持ちよくダンシングできなくなるので論外。

サドルバッグは値段が高いわりに用途が限られ、いくつ買ってもきりがない。

そこで、思いつかれたのが風呂敷。





日本の伝統文化である風呂敷は、かさに関係なく、荷物を包み運ぶことができます。

それをスタンダードな結び方をもとに、サドルの下にくくりつける方法を発見した師匠は「もう風呂敷以外にない!」ということになられたようです。






「これ、落ちないの?」と最初は思いましたが、慣れない私がわりといい加減に結んで、師匠に同行して風呂敷をライドで初めて試したところ、箱根や道志みちを思い切り下ってもびくともしませんでした。

それから、いくつもの峠を訪れましたが、全く問題無し。

というわけで、私もそれ以来ずっと風呂敷。









この風呂敷の素晴らしさを皆様にお伝えしたいと考え、色々と試行錯誤しまして、このたび自転車用のオリジナル風呂敷を作るに至りました。






IMG_3473

IMG_3439


Furoshiki Bike Pack  produced by East River Cycles   

¥1,785(オリジナル・マニュアル付き)






当店のシンボルキャラクターとホイールのイラストを散りばめた総柄の風呂敷です。

IMG_3478

IMG_3477

今回はカラーについては紫のみ。

40枚のみの限定販売です。





パッケージには、イラストのわかりやすいマニュアルが掲載されています。

IMG_3491

日本人でしたらどなたでも「結ぶ」という行為をやったことがあると思いますので、イラストを見ていただければサドルとシートポストに結びつけることは可能なはずですが、買っていただいたお客様で見てもわからない方は店でお教えします。





前述しましたとおり、よっぽど弱く結ばない限り解けることはありませんが、「ま結び」にしないと解きにくくなります(特に濡れたとき)。

というわけで、今回マニュアルの裏には「ま結び」の結び方を、同じくイラストで掲載しました。

IMG_3493




さらに今回オリジナルを作成する上でこだわったのが大きさ。

一般的に売られている風呂敷のサイズというのは、自転車で使えるものとなると50センチ四方(一尺三寸幅)と68センチ四方(二幅)になってしまいます。

これ、使ってみるとわかりますが、50センチ四方だとちょっと小さく、68センチ四方だとちょっと大きい。

IMG_0781

写真は68センチ四方なのですが、これくらいの荷物を運ぶには大き過ぎるのです。

そこで今回は、60センチ四方のもので作りました。

自転車乗りが日帰りツーリングで使用するには、かなり使いやすい大きさだと思います。







この風呂敷バイクパック、スタンダードなレールのあるサドルが装着されていれば、どんな自転車でもお使いいただけるのですが、多少、似合う自転車と似合わない自転車があるようです。

細身のクロモリフレームのロードやピスト、ミニベロ 等には例外なくしっくりきますが、エアロ形状のカーボンフレームなどには(モデルによりますが)ルックス的に合わない場合があるかもしれません。

組み合わせは、乗る方のセンス次第。






試しに当店にあるVIVALOピストの試乗車に装着してみました。

IMG_3446

IMG_3441

うーん、いい感じ。





さらにCielo Sportif Racer にも。

IMG_3457

IMG_3463

これもぴったりですね。








色々書きましたが、興味を持ってくださっているお客様はもちろんのこと、そうでないお客様にも、そんなに高いお買い物ではないと思いますので、騙されたと思って是非お試しいただけると幸いです。



もちろん、自転車以外で普通に風呂敷として使っていただいたり、頭に巻いたりしていただいても結構です(笑)






調べたところ、布で包んでものを運ぶという習慣は日本特有のものではなく、アジア全域・南アメリカ 等、農耕民族に幅広くみられるそうです。

逆にバッグというのは、動物の皮がもとですから、狩猟民族のものなんですね。




P8150029

これを機会に風呂敷に親しまれては、いかがでしょうか?



ウェブショップはコチラ

お待ちしております!
[PR]

by shun_okano | 2013-07-30 23:06 | イーストリバー・オリジナル商品
2013年 07月 27日

ORCA BRONZE + 6700 ULTEGRA 完成車 お奨めです!

d0180357_1440142.jpg


TOUR DE FRANCE が先日終わりましたが、みなさん、御覧になられたでしょうか?

私は全ステージを見てはいませんが、ところどころをダイジェスト的に楽しませていただきました。




店と関係のあるところといえば、何と言ってもORBEAのバイク。

エウスカルテル・エウスカディのニエベ選手、山岳ステージで大活躍でした。

特に最終結果を大きく左右する「魔の山」モンヴァントゥーでは、フルーム選手とキンタナに次いで3位とは大健闘。

手に汗握る攻防を展開しました。










そのORBEAのカーボンフレームのロード完成車で、ちょっと良いお話し。



エウスカルテルの選手たちがツールで乗っていたフラッグシップ・カーボンロードモデル ORCA

そのORCAのシリーズの中で、トップモデルのデザインをそのままに初心者の方でも扱いやすいカーボン素材を採用したのが、ORCA BRONZE です。


IMG_3381

IMG_3345

IMG_3351

ORBEA ORCA BRONZE + SHIMANO 6700 ULTEGRA 完成車 

カラー:カーボンオレンジ(写真)、ホワイトカーボンレッド、アンスラサイトカーボン

サイズ:48、51、53

定価 ¥273,000 → 特別価格 ¥2**,000



そのORCA BRONZE の6700アルテグラの完成車が、アルテグラのモデルチェンジに伴い、特別価格での御提供となります。

アルテグラといえば、デュラエースは「レース機材」で別格と考えれば、実質、一般ロードユーザーにとってはトップモデルも同然。

この機会に、購入を考えられている自転車やお手持ちの自転車よりも、ワンランク上を目指されてはいかがでしょうか?






IMG_3359 IMG_3364

使い勝手でけでなく、ルックスも高級感のあるシマノ アルテグラ以外にも、





IMG_3376 IMG_3368

ホイールはMAVIC AKSYUM、タイヤは同じくMAVIC AKSION、ハンドルは3T ERGONOVA、ステムは同じく3T ARX と、完成車としてはめずらしく比較的高級なパーツが使われています。





フォーク&ヘッドチューブはテーパード(上下のサイズが違う)で剛性も十分です。

IMG_3357 IMG_3360






カーボンのフレーム形状やデザインの、イタリアンバイクのように派手過ぎない、シンプルなかっこよさはオルベアならではです。

IMG_3361 IMG_3355

IMG_3363






一部のカラー・サイズについては品薄になりつつありますので、「これだ!」と思われた方は、先ずはお問い合わせください。






お待ちしております!




d0180357_1639065.jpg


上りがとっても楽になるはず。

すぐにニエベ選手のようなわけにはいきませんが・・・
[PR]

by shun_okano | 2013-07-27 16:49 | ORBEA
2013年 07月 23日

BRUNOニューモデル 早くも入荷

夏、本番!



夏というとオジサンはこの曲が好きだなあー(ちょっと酔っ払いはいってます)。

今聴いてもわかりやすいメロディーが御機嫌です。






本格的な夏が始まると同時に、早くもBRUNO の2014年モデルが発表され、デリバリーが開始されました。

新しいラインナップはコチラから御覧いただけます。

気になるものがございましたら、イーストリバーサイクルズまでお問い合わせください。

d0180357_2221261.jpg








BRUNOの自転車の魅力は、やはりそのわかりやすい「かっこよさ」や「かわいさ!」にあると思います。

細身ですっきりとしたクロモリフレームと、派手でもなく地味でもない微妙なカラーリングが秀逸です。

フレーム性能やパーツ構成は、もちろん街乗りやライトツーリングに特化した良質なもの。

これから自転車を始める方には、強くお奨めできるブランドです。

d0180357_1859284.jpg











当店にも第一弾が入荷いたしました。

IMG_3315

IMG_3332

IMG_3334

BRUNO 700C tour Aztec Green ¥94,500



昨年のラインナップから消えていた700C のツーリングバイクが復活いたしました。

街中の移動だけでなく、マイペースなツーリングなどに最適な1台です。

秋冬のシクロクロスに使っていただいても、いいかもしれません。




IMG_3321

2014年度からすべてのモデルで、塗装がパウダーコートになり、カラーリングの鮮やかさにさらに高級感が加わりました。

アズテック・グリーンというこのニューカラーも、深みのある淡い感じがいいですね。





IMG_3324 IMG_3323





さらに新しい魅力が加わったBRUNOのニューモデル。

これから自転車を御検討ください!


IMG_3326

東東京でBRUNOといえば、イーストリバーサイクルズです!
[PR]

by shun_okano | 2013-07-23 19:18 | BRUNO
2013年 07月 15日

自転車旅+キャンプに役に立ちます

5月に自転車に荷物を積んで、音楽フェスでキャンプをしてきたイーストリバー店主。

IMG_0281

IMG_0282




自転車+キャンプ(1泊)は、荷物が5キロそこそこになるので、ライドは想像していたよりもハードでしたが、車ではなく自転車という道具を使って自力でキャンプ場まで行って、キャンプをするというのはなかなか面白い体験です。

みなさんも是非、一度お試しください。

夏は山の上に行かないと暑くて気持ちよくキャンプができませんが、自転車で上るのはなかなかきつい。

秋の平地でのキャンプなどが、最初はよろしいかもしれません。









というわけで、自転車+キャンプで役に立つ商品を、いくつか紹介させていただきたいと思います。




先ずはパニアバッグ。

IMG_0389

ORTLIEB BACK-ROLLER CLASSIC ¥18,690


自転車旅行のド定番のパニアバッグ、バックローラークラシック

恥ずかしながら使用するのは初めてだったのですが、これ非常に機能的で最高の使い心地です。



容量は両側で40リットルとたっぷりなのですが、ぱんぱんにしなくても、荷物の入っていない部分を巻き込んでコンパクトに。

IMG_0391


キャリアからの着脱も非常に楽で、外した後も付属の肩掛けストラップを上蓋のストッパーに装着できて便利。

IMG_0231


夜はリアの反射素材が強烈に光ります。

IMG_0363



カラーはレッド以外に、ブルー・イエロー・グレー・ホワイトロゴ・ブラックの5色。

パニアバッグで迷っていたら、ちょっと高くても先ずはこれを使うことをお奨めします。

お値段のことだけ、絶対あります。










それから、寝袋。

IMG_0381

DEUTER DREAM LITE 500  ¥7,560


私は自転車屋なので、アウトドアグッズはそれ程詳しくありませんが、親しくしているアウトドア屋の店長に聞いたところ、自転車乗りにもバッグパックでおなじみのドイターのこれが一番良いとのこと。

何といっても、御覧とおりの小ささ(25センチX12センチ)!

そして重量も600グラムと、このお値段にしては軽量。

携帯性がキモの自転車キャンパーにとっては、必需品ともいえる寝袋です。



IMG_0379

保温性についても、5月から9月くらいであれば標高の高いところでも使用可。

それ以外の季節でも平地であれば、十分快適です(真冬を除く)。







そして、たっぷり遊んだ帰りは、電車でビールでも飲みながらゆったり輪行で。


輪行バッグは、個人的にいろいろと試しておりますが、今回使ったのはこれ。


IMG_0235

TIOGA 29er COCOON   ¥4,830



前輪だけを外して収納するタイプでは、定番の輪行バッグ、タイオガ コクーン。
後部のチャックを開けて、後輪を転がしながら移動できる利便性が、多くのサイクリストの支持を長きにわたって得ています。

d0180357_2113406.jpg


肩掛けストラップも装着しやすくて便利。



29er コクーンは、その名のとおり29インチのMTBをすっぽり収納できるサイズの輪行バッグ。
素材はスタンダードサイズと比較すると少し厚手ですが、たたんでも285ミリX170ミリの大きさに収まります。

d0180357_2174966.jpg



もちろん29erのMTB用なのですが、キャリアーが装着されたツーリングバイク 等にも御使用いただけます。

IMG_0229


ロード用やミニベロ用もありますので、使い勝手が気に入った方は是非お試しください。








テント・バーナー・クッカー等については、軽量であればあるほどよいと思いますので、お近くのアウトドア店にてお尋ねください。





自転車キャンパーにしか使い勝手の良さがわからない、パニアバッグと寝袋と輪行バッグは、是非当店にてどうぞ!


ウェブショップはコチラから。








IMG_0279

夏、本番。

たくさん楽しみましょう!
[PR]

by shun_okano | 2013-07-15 18:03 | その他商品紹介
2013年 07月 13日

BRUNO 2013モデル 残りわずか

いやはや、暑い日々が続きます。

IMG_3214

このまま9月半ばくらいまでは、サイクリストにとってはちょっとつらい季節。

曇りだったりすると、かえってほっとしますね。

水分はこまめにとりましょう。








BRUNO の2013年モデルが残り少なくなりました。

在庫車については、特別価格で御提供差し上げておりますので、この機会に是非お求めください。





IMG_3202

IMG_3205

IMG_3208

MINIVELO MIXTE 20 WASABI

定価 ¥52,500 → 販売価格 ¥49,613

女性の方に大人気のミキスト。

さわやかなグリーンがBRUNOらしいカラーです。






IMG_2364

IMG_2365

IMG_2367

MINIVELO ROAD 20 TURQUISE 460サイズ

定価 ¥67,200 → 販売価格 ¥60,480

460サイズですので、御身長が160センチ前後の方でも乗ることができるロードタイプ。

BRUUNOの定番カラーであるターコイズの2013年仕様は、ちょっと明るめです。





IMG_2354

IMG_2362

IMG_1080

B-ant a406sus RAW

定価 ¥88,200 → 販売価格 ¥74,970

2013年度から登場したB-ant シリーズのアルミモデル。

リアのステーにはエラストマーが仕込まれており、非常に快適に走れます。

サドルはBROOKS B17、フレームバッグ付です。






御存知の方も多いかもしれませんが、円安の影響で2014年度の新モデルはほとんどのメーカーで値上がりします。

BRUNOの自転車も定価が3千円~7千円程度値上がりする予定です。



モデルによっては、仕様がほとんど変わらないものもありますので、お値段については今お求めになられた方が圧倒的にお買い得です。





この機会に是非!



ウェブショップからの御購入はコチラからどうぞ。




お待ちしております!
[PR]

by shun_okano | 2013-07-13 21:15 | BRUNO
2013年 07月 06日

Cafe du Cycliste ニューモデル入荷

最近、イーストリバー店主が好んでよく着ている、このジャージ

IMG_3724

モデルがよくないにもかかわらず、「それどこのジャージ?」と数名のお客様がたずねてくださいました。

そのたびに「カフェドなんとかっていうフランスの新しいブランドなんですよ」といういい加減な回答。





正確なブランド名は「Cafe du Cycliste」(カフェ・ドゥ・シクリステ)といいます。

IMG_3266





このジャージのどこを好んでいるかというと、着心地の良さはもちろんですが、何といってもデザインです。

ERC RIDE 初夏@房総

ERC RIDE 初夏@房総

昨今、サイクリングジャージが高機能であることは、当たり前。

ただ、インターフェイスが「やさしい」ものというと、あまりありません。

できれば、輪行するときや町中のコンビニで休むときは、なるべく周囲に溶け込めるようなジャージの方が個人的にはうれしいのですが、Cafe du Cycliste のジャージは私のそんな欲求を満たしてくれます。











そんなCafe du Cicliste の新しい春夏ものが、遅ればせながら入荷いたしました。

いろいろなアイテムがございますが、当店ではカジュアル系(?)のジャージをそろえてみました。




d0180357_21432210.jpg


d0180357_22274974.jpg


d0180357_2144979.jpg


d0180357_21452135.jpg

Violette Jersey    ¥18,900


メリノウールとポリエステルの混合素材で作られた、大変着心地の良いジャージ。

メリノウールが含まれているので、吸湿性に優れ、冬以外、ベストやジャージと組み合わせてオールシーズンのライドにお使いいただけます。

上品なグリーンに、リブはマイクロボーダーという、とても落ち着いたデザイン。







d0180357_2158311.jpg


d0180357_22272912.jpg


d0180357_21593582.jpg


d0180357_2201010.jpg

Henriette Jersey    ¥15,750


ポロシャツと同じ鹿の子織の生地とカラフルなボーダー柄が、とてもカジュアルなジャージ。

ただ、ポリエステル100%の吸湿速乾の機能素材で作られています。

ちょっとゆったりめのシルエットで、輪行 等にはぴったり。








d0180357_2252663.jpg


d0180357_2227656.jpg


d0180357_2261185.jpg


d0180357_226419.jpg

Suzanne Jersey    ¥17,460


昨年度からの継続カラーとなるSuzanne は、T-シャツのような素材感ですが、ポリエステル100%で軽く吸湿速乾性に優れた本格派。

背中には薄手のメッシュ生地を合わせてあり、ベンチレーション機能も高いです。

そして、さりげないボーダー柄がお洒落で、Cafe du Cicliste を象徴するモデルといえます。








以上、三点の男性用のSサイズやMサイズについては、店頭で御覧いただけますので、是非、御覧になりにいらしてください。




小さいサイズや大きいサイズ、また女性サイズにつきましては、輸入元から借りることができますので、数日を要しますが御希望のお客様は、遠慮なさらずにお申し出ください。





カジュアルウェアに見えるが、実は本格的なサイクルジャージ。

「こんなの待ってたんだよ」というお客様も、少なくないのでは?

d0180357_2228841.jpg


ウェブショップでのオーダーはコチラ



御来店をお待ちしております!
[PR]

by shun_okano | 2013-07-06 22:38 | Cafe du Cycliste
2013年 07月 04日

レーパンに限りなく近い「ホボレーパン」

自分はいつしか自転車で遠出するときにレーシングパンツをはくことが少なくなりました。


レーシングパンツが非常に機能的でペダリングには最適であることは重々承知なのですが、ロードやピストで「街乗り以上、トレーニング以下」のような乗り方をする機会が多くなった昨今、レーシングパンツはトゥーマッチのような気がしてきたのです。


輪行する際にも、可能であればTPO的にレーパンじゃない方が良いのではないかと。







それじゃ、代わりに何をはいているかというと、コレ。

IMG_5674

IMG_5412

IMG_5485

CCP PS-L014 ブラウン   ¥17,850



サイクリング・カジュアルウェアの草分けCCPが、一昨年からスポット的に製作・販売しているこのパンツ、吸湿速乾性、ストレッチ性、肌への密着具合 等、限りなくレーパンに近い。

しかし、Tシャツやポロシャツと合わせて町を歩いてもちっともおかしくないシルエットになっています。

まさに私の最近の使い方にぴったりのパンツです。




私が尊敬する京都の空井戸サイクルの店長は、私と同様このパンツをいたく気に入り、「ホボレーパン」と命名しました。

以後、CCPでもこのシリーズを「ホボレーパン」と呼ぶようになり、イーストリバーでも「ホボレーパン」として販売するに至っております。





よく考えると自分の乗り方ではレーシングパンツである必要がないお客様初心者の方でレーパンには抵抗があるが本格的にサイクリングをしたいと思っているお客様には、是非お試しいただきたいパンツです!






基本的にスポット生産なのでCCPにも在庫が無いのですが、このたびCCPのストックルームにMとLが1本ずつ残っていたので、当店で仕入れさせていただきました

d0180357_20444235.jpg




各サイズ1本ずつですので、お早目にどうぞ!



通販サイトはコチラです。






そして、最近マイナーチェンジされたモデルがでました。

d0180357_20535376.jpg


d0180357_20541770.jpg


d0180357_20543752.jpg


CCP PS-TA07 オックスブラック  ¥17,850



PT-L014 よりもウエストの位置を3cm高くし、膝にダーツを入れました。

ポケットがひとつ減った分、よりタイトでスマートなルックスに。

素材は柔らかくドライな特徴のあるものになっています。





当店にはMサイズのみ在庫しておりますが、こちらですと現時点では別サイズがお取り寄せ可能です。

d0180357_2101734.jpg


PS-TA07 のデザインの方がお好きなお客様、通販サイトはコチラで。







ウェアでサイクリングの敷居が高くなってしまっている点については否定できないところ。

CCP等のカジュアル系のブランドには、もっともっと頑張ってもらいたいですね。




取り急ぎ、このパンツは騙されたと思って是非お試しを!







IMG_7133

宜しくお願いいたします!
[PR]

by shun_okano | 2013-07-04 21:17 | CCP
2013年 07月 01日

久し振りに VIVALO のシングルギア

最近、めっきり減ってしまったシングルギアバイクのオーダー。

d0180357_15241338.jpg


当店でも取り扱っていたCOG MAGAZINE も、残念ながら現在休刊中です。




確かにピストブームは終わりましたが、現状では消えたというよりもジャンルとして定着したという方が正しいかもしれません。

実際に7万円位のシングルギアの完成車は、一時程ではないにしてもそこそこ売れ続けているみたいですし。




イーストリバー店主も固定ギアのバイクに乗りますが、久し振りに乗るとやっぱり面白い!

ペダルに足をまかせたり、バックを踏んだり。

それにシンプルなルックスもいいですね。






ちょっと久し振りに固定で遠乗りしたくなってきた・・・・・

IMGP3775








というわけで、今回紹介いたしますのは、ちょっと前のものですが昨年末に納車させていただいたG様のVIVALO TRACK


IMG_1123

IMG_1126

IMG_1129



正統派(?)街乗りのトラックバイク。

シンプルなシルバーが美しい1台です。

G様、誠にありがとうございました!

IMG_1151 IMG_1144

IMG_1145




デカルは旧型のスタンダードなセットで。

IMG_1133 IMG_1139

IMG_1131 IMG_1135




パーツのチョイスも正統派(?)ですね!

IMG_1148

IMG_1149 IMG_1146 

IMG_1137 IMG_1142

IMG_1152



この完成車で総額24万円ほどになります。






昨今はピストに乗っていたライダーたちも、ロードバイクやシクロクロス等のギア付きの自転車に乗り換えるパターンが多いようですが、それほどピスト文化に深く入り込まなかったオヤジとしましては、普通にシングルギア、かっこいいと思いますが、どうでしょうか?





「特に本格的なスポーツ車はいらないけど、とにかくかっこいい街乗りの自転車が欲しい!」というお客様は、いま一度シングルギアバイクを見直してはいかがでしょうか?


是非、VIVALO で!











d0180357_173338100.jpg


9月にはこんなメッセンジャーのイベントがあるみたいですよ。
[PR]

by shun_okano | 2013-07-01 15:29 | VIVALO