<   2013年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2013年 05月 30日

EARTH DAY CAMP Natural High! に自転車で行ってまいりました

IMG_0382




音楽フェスに自転車でテントや寝袋なんかを積んで何キロもこいで参加するという遊び、をずっとやりたかったのですが、諸事情によりなかなか実現しませんでした。

音楽フェスに行ったのは、10年ほど前のFUJI ROCKが最後。

自転車の仕事をしているのだから、せっかくなら次回は自転車で!、と思ってから数年間が経過しました。



このたび、その夢が「EARTH DAY CAMP Natural High!」によってついに実現しましたので、報告させていただきます!

あくまでも個人的な趣味の旅(?)なので、店のブログに掲載するのもどうかとは思いましたが、同じようなことを考えている方がいらっしゃれば、是非参考にしていただければと。

結構、楽しかったので。








首都圏で開催されているフェスといういうのは、当然大人数が訪れるので、自転車での参加は安全上ウェルカムでない場合がほとんどです。

また、大きな音を出してもよい場所ということになると、必然的に会場は山奥になります。

山奥ということは、関東の場合、会場までのルートに古くて長い片側一車線のトンネルがあることが多く、そんなところを大型トラックと並走しなければならないので、それだけで行く気が萎えるというのが現状なのです。命にかかわりますからね。

d0180357_7191849.jpg







そんなことを考えているときに知ったのが「EARTH DAY CAMP Natural High!」

d0180357_9405971.jpg

会場は何回か走ったことのある道志みちの途中にあるし、行ったことがある友人に聞いたらキャンプ主体のイベントで会場はのんびりした雰囲気であるとのこと。

ホームページをチェックしても「自転車での来場は禁止」とは書いていないので、「これだ!」ということで早速チケットをとって行ってまいりました。








当日の自転車と装備は、こんな感じ。

IMG_0224

シングルギアで組んであったVIVALOのシクロクロス車にシマノの105を組みつけて多段化(フロント 46-36T、リア 12-25T)。

さらにTUBUS のリアキャリアーを装着しました。

IMG_0226

テント・寝袋・マット・ちょっとした食料・着替え 等と、一泊といってもそこそこの荷物になります。

バックパックは好きではないので、定番のパニアバッグ ORTLIEB バックローラークラシックを使いました。

両側で40リットルあるので、全部積めてもちょっとスペースが余るくらい。

ただ、前と後ろの重さがかなり違う状態にはなります。

IMG_0227 IMG_0228

道志みちを上るので、本当はビィンディングシューズを使いたいところですが、替えのシューズが荷物になるので、今回は比較的ソールが固めのKEENのカジュアルシューズとトークリップで行くことにしました。







江東区の自宅から会場までこぐとなると、もうそれだけで終了でフェスやキャンプを楽しむ余裕が残らない可能性が高い。

というわけで、土曜日の朝の通勤する方々を避けるために自宅→新宿は自走、新宿→橋本は輪行、橋本→会場は自走というアプローチを選択。

IMG_0229 IMG_0235

土曜日の7時前だと、新宿駅南口で自転車を積めていても迷惑にはならないようです。

下り電車も全然人が乗っていないわけではありませんが、何とか自転車と乗車してもokな空気。








橋本に到着後、自転車を組んでいよいよ出発。

橋本の町中を抜けて津久井湖経由で道志みちへ。

IMGP0236

まだまだ元気です。








IMG_0241

道志みちの入り口。いよいよ約5キロの荷物を積んでの上りが始まります。









IMGP0241

これだけの荷物を積んでの上りは初めてだったのですが、最初のうちは立ちこぎすると後ろが振られて、やはりバランスを取るのが困難でした。

ただ、慣れてくるとゆっくり走れば、意外と上れてしまうもの。

道志みちは、ひたすら上りというわけではなくアップダウンがあるので、適当に休めるのもよかったようです。

バッグパックにしないでリアに全部積載したこと、シクロクロスで使う軽いギア比を選択したことは大正解でした。






それから何といっても美しい風景とおいしい空気。

道志の山々が気持ちを癒してくれます。

IMG_0253

目的があって上るというのも、モチベーションがあがっていいですね。

普段やっているロードバイクでのツーリングとは、また違った趣きです。






IMG_0251

IMGP0251

上りの後半になって、ちょっとナチュラルハイになっているオヤジの図。








IMG_0325


IMG_0276

IMGP0257

そして、4時間以上かかりましたが、無事会場に到着!







予想はしていましたが、Natural High ! の会場の雰囲気は、私が10年前に行った FUJI ROCK とは隔世の感がありました。

みなさんとってもお洒落で、アウトドアで過ごす恰好や装備もこ慣れています。

IMG_0283 IMG_0268

そして、残念ながら私以外に自転車で来ているお客さんは、一人もいませんでした(涙)







慣れていない初心者オヤジキャンパーは、祝杯をあげる前になんとかテントを設営しなければなりません。

IMG_0279






試行錯誤しながら、設営完了!

IMG_0281

テントを世話してくれた浦和のアウトドアショップRIMBA の店長Y氏には、不合格をつきつけられるとは思いますが、幸い素晴らしいお天気でテントが流されたり吹き飛ばされたりすることが無さそうでしたので、ビール飲みたさにこれでよし!としました(笑)






その後は、ライブを見たり、フードやドリンクを楽しんだり、森を散歩したりして、10年振りのフェスを満喫しました。

IMG_0317 IMG_0335

確かにフェス自体は、とってものんびりした雰囲気。

ライブもお酒片手にゆっくり見れます。

ロック中年的には佐藤タイジさん加藤登紀子さんに感激。




IMG_0272 IMG_0269

IMG_0271 IMG_0270

家族連れも多くて、子供たちがワークショップで大いに盛り上がっていました。

自分が運営をやってる「秋ヶ瀬の森バイクロア」でも頂戴したアイデアが数多く有り(笑)

家族で楽しめる野外イベントっていいなあ、とあらためて思いました。






夜は一緒に行った長い付き合いの音楽仲間のM君と、昔話しで盛り上がって就寝。

この季節は虫も少なくて、夜でも快適ですね。






朝は6時前に目が覚めたのですが、森の朝はやはり素晴らしいです。

IMGP0271 

IMGP0266

二日酔いでも(笑)





自分は参加しませんでしたが、早朝ヨガにいそしむみなさん。

IMG_0377






店をずっとまかせておくわけにもいかないので、朝食をとってから、もう少しゆっくりしていくというM君とは別れ、自分は山をおりました。

帰りは下りが90%なのと、午前中で車も少なかったので、ほとんどストレスなく下山。

橋本から輪行して、直通電車で森下まで帰りました。








次はいつ行けるかわかりませんが、次回は家族やより多くの仲間と自転車で行ってみたい Natural High! でありました。





IMG_0321


みなさまも機会がありましたら、自転車+フェス、是非試してみてください!

いままでとは違った感激(?)があるかもしれませんよ!
[PR]

by shun_okano | 2013-05-30 18:05 | イベント
2013年 05月 28日

rockbikes 取扱い開始

d0180357_18164178.jpg


「女性の時代」とか呼ばれることが多い昨今、めずらしいくらい男くさい自転車ブランドの取扱い開始です。

rockbikes

上はホームページのトップからいただいた写真なのですが、「かわいい」とか今どきな雰囲気がまるでなくてなかなかよろしい。





rockbikes は大ヒットモデルFUJI FEATHER を企画したN氏とY氏の二人が、今年から独立して立ち上げた新しいブランドです。

d0180357_18374215.jpg


ホームページで紹介しているコンセプトはコチラ

我々、プロや自転車マニアはまだしも、これからクロスバイクやロードバイクを買おうとしている初心者の方には、ルックスに関すること以外はあまりにも「???」な内容ですよね。


要するに、

「安定感よりもペダルを踏んだときの反応の良さを重視した乗り味(比較的)」

「クロスバイクにしては高級感や美しさを重視したパーツのチョイス」

というのがrockbikes の特徴ということなのだと思います。


見た目だけでなく、とくかく中身を重視といったところが、やはり今どきにしてはめずらしくて素敵です。






ラインナップには6機種あって、まだすべては御用意できる状況にはないのですが、先行してベーシックなアルミフレームのクロスバイクが入荷してきました。

IMG_2969

IMG_2971

rockbikes PRIDE   ¥59,850

カラー: QUICK SILVER(写真)、APPLE GREEN、MOONLIGHT BLUE、SILKY SNOW、MATTE BLACK

サイズ:460、500、530、560




アルミですが細身で非常にスタイリッシュ。

530サイズのせいもありますが、スローピングはそれ程きつくありません。

カラーもガンメタに近い感じで力強い。

IMG_2986




前述したようにパーツがとても凝っています。


IMG_2983

横からのルックスを重視して、ブレーキの当たり面もブラック。


IMG_2979

定番のスギノのクランク。



IMG_2975 IMG_2976

IMG_2978 

オリジナルのパーツもなかなか。




ちょっと試し乗りをしましたが、前面でアピールしているとおり、ちょっと特徴のあるクイックな乗り味。

街乗りや中距離には最適なのではないでしょうか。




これで6万弱なのでコストパフォーマンスは高いと思います!








まだ未入荷なのですが、個人的にちょっと注目しているのがピスト。

d0180357_2045419.jpg


MELANCHOLY  ¥70,350


「何をいまさら」という方も多いかと思いますが、若い方々を中心に根強い人気があります。

でも、なかなかこれくらいの価格帯で良質なものが無いのが現状です。

彼らのセンスで企画・製作したものあれば、悪いはずがありません!

要チェックかも!






IMG_2981

今後も完成車やパーツを続々発表していくらしい。

rockbikes 宜しくお願いいたします!
[PR]

by shun_okano | 2013-05-28 21:06 | その他商品紹介
2013年 05月 26日

ラインナップから消えたGREYのCROSS

4月にCIELO のカラーの新しいラインナップが発表されました。

d0180357_18312264.jpg


新しく加わったのは、BLACK5というブラックにピンクロゴのもの。

それからSILVERベースの4色。

逆に消えてしまったものもあります。

それがGREYです。







当店にはGREY の CROSS CLASSIC のフレームが1本残っています。

IMG_3000

IMG_3006

CIELO CROSS CLASSIC

サイズ:54

適合身長: 173~180センチ





地味なカラーですが、実物を御覧いただくとかなり深い上品な塗装であることを御確認いただけるはず。

IMG_3002 IMG_3012

IMG_3007 IMG_3003

IMG_3010 IMG_3008





このフレーム、実はフォークに1か所小さいキズがございます

つきましては、少しですがお安く御提供させていただきます(現在の定価 ¥239,400)。

お値段につきましては、お問い合わせください。






夏のツーリングにも、冬のシクロクロスレースにも使える万能マシン、CROSS CLASSIC

サイズの合う方はこの機会に是非、御検討ください!!



 
[PR]

by shun_okano | 2013-05-26 20:44 | CIELO
2013年 05月 25日

本日は店主不在ですが、張り切って営業中!

本日、5月25日(土)・26日(日)は店主オカノはイベント参加のため留守にしておりますが、臨時スタッフのテヅカが張り切って営業しております。

自転車についてはベテランですので、何でも御相談ください。

初心者の方でも親切に対応させていただきます!






今週末は試乗車も増えました。


B-ant ventura451 sus


IMG_1068





その他もいろいろ試乗車がございます。

alohaloko

IMG_2552

vivalo road

IMG_5406

vivalo track

IMGP3775

singular peregrine

Singular Peregrine

cielo sportif racer

IMG_2539





VIVALO については御要望が多岐に及びますので、テヅカでは対応しきれない部分がございます。

何卒、御容赦ください。



ただ、その他については、とにかく何でも大丈夫!



御来店をお待ちしております!!
[PR]

by shun_okano | 2013-05-25 00:49 | 日記
2013年 05月 20日

Mr.H's classic style VIVALO

最近組ませていただいたH様のVIVALO

IMG_2895

IMG_2897

IMG_2899

いろいろと御検討されているうちに、やはり定番のクラシックスタイルに落ち着きました。

誠にありがとうございました!






VIVALO は歴史が長いので、ロゴについてはオリジナルで作成したものやお客様が独自で作成したものなど、色々な種類が画像で残っているのですが、今回はかつて存在したオリジナルを再生させていただきました。

IMG_2900


ヘッドとシートチューブは、それに合わせて旧型をゴールドで。

IMG_2883 IMG_2889





ベースのカラーはイタリアン・アズーロ。

こうなるとラグやステーのメッキは不可欠ですね。

IMG_2893






パーツは人気のCAMPAGNOLO VELOCE シルバーで。

ちなみにこのVELOCE シルバーの販売数は、日本が世界一だそうです。

細見のクロモリフレームで全体的に統一感をもたせるとなると、やはりこれが一番です。

IMG_2905 IMG_2902






もちろんルックスはクラシックですが、ジオメトリーやパイプのチョイスはかなり現代的なものになっています。

ロングライドやヒルクライムにも十分お使いいただける一台です!








VIVALO は可能な限りお客様の細かい御希望にお応えできるように、少しずつですが進化し続けています。

スチールフレームに限定はされますが、「こういう自転車が欲しい!」というイメージを先ずはぶつけていただけますと幸いです。

東京で唯一の販売代理店であるイーストリバーサイクルズは、みなさまのお越しをお待ちしております!













今の季節に自転車こぐのって、こんな感じじゃないでしょうか?
[PR]

by shun_okano | 2013-05-20 22:23 | VIVALO
2013年 05月 19日

めずらしいORBEA のMTB



ORBEA は日本ですとロードのイメージが強いですが、スペイン最大の総合自転車メーカーです。

ロードやMTBはもちろん、ママチャリみたいなのも作ってるし子供車も作っているんですね。











先月ですが、古いお付き合いのK様からORBEA の29erのMTBのオーダーをいただいて組みました。

IMG_2614

IMG_2616

IMG_2620

ORBEA ALMA 29er フレームセット ¥178,500




ロードを御提供させていただくことが多い当店ですが、K様はお客様の中でも少数派のMTB 乗りでいらっしゃいます。

アルミやチタン 等、いろいろなバイクをお持ちなのですが、いつかカーボンMTBに乗りたいという夢をずっとお持ちで、今回実現されました。

誠にありがとうございました!




ALMAは五輪二連覇、世界選手権制覇 等、輝かしい戦績を誇るMTBフレーム。


性能の高さはもちろんですが、目を引くのはFUTURISTICなフレーム形状。

数年前からマイナーチェンジがあったり29インチモデルが追加されたりしてきたのですが、基本的な形は変わっておりません。

最近地味なORBEA のラインナップ中、最もORBEAらしいフレームデザインかもしれません。







IMG_2627 IMG_2659

ヘッドのエンブレムは何かの生き物のよう。

アウター受けも兼ねています。

29erのみテーパード(ヘッド上碗1 1/8、下碗 1.5インチ)になっています。




IMG_2666 IMG_2633

インパクトのあるダウンチューブ。

裏側が大きく広がっていることで、フェンダーの役目も果たします。




IMG_2653 IMG_2655

リア三角も独特です。

細かい部分のデザインも秀逸。





ホイールはお手持ちもMAVIC CROSSMAX 29er。

その他、コンポはシマノXT、フォークはROCKSHOX REBA RLT、ハンドル・ステム・シートポストはRITCHEY、サドルはSANMARCO MANTRA CARBON とMTBの定番パーツをチョイスされました。

IMG_2656 IMG_2630

IMG_2637 IMG_2649

IMG_2636 IMG_2644







金属フレームに多く乗られているK様の最初のインプレッションは、「まるで慣性が働いていないような不思議な乗り味。でも加速はとても良くてストレスは感じない」というものでした。

これはまさに良質なカーボンフレームならではの御感想。

好みが分かれるところですが、K様はとても気に入ってくださっているようです。







日本ンではめったにオーダーが入らないためか、入荷までにはかなりお時間がかかりますが、御興味のあるお客様は是非、お問い合わせください。





IMG_2660
[PR]

by shun_okano | 2013-05-19 12:56 | ORBEA
2013年 05月 18日

PURPLE EDITION 早くも入荷!

CIELOの2013年度限定生産のフレームが、早くも入荷いたしました。

IMG_2910

IMG_2922

CIELO SPORTIF RACER  PURPLE EDITION ¥249,900 (CHRIS KING ヘッドセット込)

サイズ:52




パープルは今年のみの限定カラー。

SPORTIF RACER だけでなく、SPORTIF CLASSIC CROSS CLASSIC MOUTAINBIKE でもオーダー可能です。

ハブやBBなどのコンポーネントのパープルも、同じく限定発売されています。




IMG_2917 IMG_2916

IMG_2921 IMG_2919


ベースのカラーは、パープル・エディションのみに採用されているシャンパン・シルバー。

深みのある色ですね。





IMG_2911

しかし、それにしてもこのパープルは、地味でも派手でもなく非常にお洒落。




私が師と仰ぐ美輪明宏先生によると、紫は病気などの邪気を取り払い解熱作用のある色だそうです。

乗られた方の自転車生活にも、必ずや良い作用をもたらしてくれることでしょう(笑)




最高のスチールフレームの限定モデルを、先ずは店頭で御確認ください!
[PR]

by shun_okano | 2013-05-18 14:53 | CIELO
2013年 05月 17日

TIME FIRST 再入荷キャンペーン!

お待たせしておりましたTIME 初のエントリーユーザー向け完成車、FIRST 入荷いたしました。

今回はスタンダードなRED ではなく、日本初登場のSILVER です。

IMG_2443

IMG_2446

IMG_2448

TIME FIRST  105完成車   SILVER 定価 ¥298,200  




非常にシンプルな男らしいデザイン。

派手なところは全くないエントリーモデルですが、独特な存在感があるのが流石カーボンバイクの老舗TIMEです。




前回も触れましたが、TIME はカーボン繊維を自社生産している数少ないメーカーです。

そして、頑固に自社生産を貫き通しています。

このエントリーモデルでさえ、MADE IN FRANCEになります。





そのクラフトマンシップは、OEM生産中心の大手メーカーとは一線を画します。

それゆえお値段はお高めですが、上級モデルの性能を踏襲した走りを味わうと納得していただけると思います。




IMG_2464 IMG_2463

IMG_2462 IMG_2459



上のモデルと同様のBBまわりの剛性を保つために、86.5プレスフィットになっています。

IMG_2465






というわけで、キャンペーンについて。


その良さを是非味わっていただきたく、写真のシルバー XS(適合身長165~175センチ)のみ、少しのお値引ですが特別価格で御提供いたします。



さらに最近話題のライト、KNOGのBLINDER4を1個プレゼントいたします。

d0180357_1984422.jpg


フロントかリア、カラーも自由に選択できますよ。





詳細につきましては、店頭で相談させてください。

御来店をお待ちしております!











d0180357_19371870.jpg


It's time for a road bike!





















[PR]

by shun_okano | 2013-05-17 16:15 | TIME
2013年 05月 08日

ERC RIDE 初夏 @房総 無事終了!

ERC RIDE 初夏@房総


天候などに阻まれて、開催が延び延びになっていたERC RIDE ですが、GW連休最終日にようやく開催することができました。

しかも快晴で、最高の天気のなか!

参加者のみなさま、御協力いただきまして、誠にありがとうございました!






今回のルートは、JR内房線五井駅から、車の交通量の多い大多喜街道を回避して、小湊鉄道で上総牛久まで。

その後は主に林道をつないで、太平洋側の御宿まで抜けるというもの。








朝9時に五井駅に集合した一行は、早速、小湊鉄道に乗り込みます。

ERC RIDE 初夏@房総

ERC RIDE 初夏@房総

ERC RIDE 初夏@房総

房総の田園風景の中を走るレトロなディーゼル車が、早くも旅情をさそいます。

東京から普通の快速で1時間程度で乗れちゃうんですがね。







ERC RIDE 初夏@房総

ERC RIDE 初夏@房総

これまたレトロな上総牛久駅舎前で記念撮影を済ませて、いざ出発です。








ERC RIDE 初夏@房総

ERC RIDE 初夏@房総

最初だけ幹線道路をちょこっと走りますが、その後は御覧のとおりの道が延々と続きます。

信号や車が少ないのはもちろんですが、この日は天気が良いのにサイクリストにもほとんど会いませんでした。








ERC RIDE 初夏@房総

ERC RIDE 初夏@房総

ちょくちょく10%以上の坂が登場する房総の林道ですが、長くは続かないので上りが得意でない方も楽しめます。

なにより最高の天気と走りやすいコースに笑みがこぼれる!







ERC RIDE 初夏@房総

新緑をバックに一枚、パチリ。







ERC RIDE 初夏@房総

房総半島の中心に位置する大福山を上る一行。

このあたりは今回のライドのハイライトのひとつです。

ERC RIDE 初夏@房総








ERC RIDE 初夏@房総

店長の記憶違いで、養老渓谷に出る手前で2キロ程度のダートが登場。

唯一シングルシクロクロスで参加されていたH様は大喜びでしたが、その他のお客様には申し訳ありませんでした。

まあ、こういうのもたまには御愛嬌ということで。







ERC RIDE 初夏@房総

房総名物の隧道も、ときおり登場。








養老渓谷のお蕎麦屋さんで昼食をとりました。

ERC RIDE 初夏@房総 ERC RIDE 初夏@房総

食事中の写真撮影は遠慮してほしいというお店だったので(まあ当たり前のことですよね)、蕎麦の写真は残っていませんが、大変おいしくいただきました。

古民家を改造した内装もなかなか。








昼食後は、今回のライドで一番きつい麻面原高原への上りです。

ERC RIDE 初夏@房総

ERC RIDE 初夏@房総

別に上ったところに楽しいことが待っているわけでもございませんが、それでも上るのがサイクリストなのです。








ERC RIDE 初夏@房総

高原と呼ぶには、あまりにも小規模な麻面原高原。

このつっこみ甲斐のある親しみやすさが房総のよいところです。







ERC RIDE 初夏@房総

今回のハイライトのひとつである、内浦県民の森を抜けます。

先月の春の嵐で崖が崩れているところがあったりして、小アドベンチャーを堪能しました。









ERC RIDE 初夏@房総

ERC RIDE 初夏@房総

かなり下ったあとに、もう一回勝浦ダムまで上ります。

ツール・ド・ちば 等で何度も訪れたことのある場所ですが、逆方向からのアプローチは初めてで新鮮でした。









最後は大多喜や勝浦近辺の里山や田んぼの間を通過して、御宿でゴール。

ERC RIDE 初夏@房総

太平洋を目にして安堵する一行。








明日から仕事だし、今日は早めに解散!

・・・するはずもなく、ほぼ全員参加で御宿駅近くのお店で打ち上げ。

房総名物のなめろう 等をおいしくいただきました。

ERC RIDE 初夏@房総









今回は店長の自転車にメカトラブルがあったりして、参加者のみなさまには御迷惑をおかけしましたが、楽しんでいただけたようで、よかった!

イーストリバーからアクセスの良い房総は、まだまだ開拓の余地がありそう。

次回はさらに面白いルートの発見に努めますので、是非御参加ください。


ERC RIDE 初夏@房総
[PR]

by shun_okano | 2013-05-08 11:51 | イベント