イーストリバーサイクルズ での出来事

eastriver1.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2012年 09月 21日

AUTHOR 取扱い開始!

遅ればせながら、9月のイーストリバーくん。

IMG_0672

「ちょっと涼しくなったし」なんて言えないくらい、つい最近まで暑い日が続きましたが、20日過ぎてようやく秋という感じになってきました。

夜も良く寝れるし、食欲もでてきた昨今。









新しいブランドの取扱いを開始しました。


d0180357_23195235.jpg



AUTHOR はチェコ のプラハ発の東ヨーロッパ最大の自転車ブランドです。

東ヨーロッパというとあまり自転車関連のニュースを聞かない地域ですが、かなりサイクルスポーツはさかんな様子。

本国ではロードバイク・MTB 等、オールジャンルの自転車を扱っているようですが、ここ日本ではシクロクロス車を中心に展開されています。




d0180357_23262460.jpg


X-CONTROL CHAMP フレームセット ¥390,000




AUTHOR の魅力というと、とにかくシクロクロスのラインナップが多いこと!

カーボンとアルミ製のフレームや完成車の数々は、いかにもシクロのレース車といった感じの走りそうなものばかり。

なかなか、かっこいいですよ!


d0180357_21232734.jpg









特にイーストリバーがこれからシクロクロスの競技を始めたい方にお奨めしたいのが、こちらのモデル。

IMG_0709

IMG_0711

X-CONTROL COMP Ⅱ 完成車   ¥105,000



6061アルミフレーム+カーボンフォークのX-CONTROLフレームセットに、シマノ2300のコンポを搭載したお手頃価格モデル。

X-CONTROL PRO-CXという105を搭載した20万円台の完成車とフレーム+フォークは全くいっしょですから、性能面については申し分ございません。

レースに勝ちたかったらもちろん上位モデルがいいですが、とりあえずはここから始めてグレードアップされてはいかがでしょうか?


IMG_0715 IMG_0716

フレーム形状もいかにも「シクロクロス車」然とした、いかつい感じ。
速そうなですね。




イーストリバーサイクルズに展示中ですので、AUTHORに、そしてシクロクロスに御興味のある方は御覧になりにいらしてください!










これで是非「秋ヶ瀬の森バイクロア」へ参戦していただけるとうれしいです!


d0180357_2136946.gif

[PR]

by shun_okano | 2012-09-21 23:32 | その他商品紹介
2012年 09月 16日

East River Cycling in Nikko 開催のお知らせ

d0180357_17141220.jpg




今月もEast River Cycling 、開催いたします。

房総、奥武蔵に続き、今回はちょっと足を伸ばして日光!

紅葉にはちょっと早いですが、秋の涼しい奥日光を満喫したいと思います。

今回も「輪行+ロングライド」基本でまいります。



開催日: 9月30日(日)

集合場所・時間: 東武日光駅 午前9時30分(JR日光駅から自転車で3分)

解散場所・時間: JR今市駅 午後5時頃(東武下今市駅まで自転車で5分)]

ルート(予定): いろは坂から中禅寺湖、山王林道 等を走る約96キロ




解散後は希望者のみ、宇都宮で名物の餃子を食してから帰りたいと思います。

d0180357_18351680.jpg




私を含めロードでいらっしゃる方がほとんどだと思いますが、特に車種は限定しておりません。

練習会ではありませんので、御了承ください。




参加を御希望のお客様は電話かメールで店まで御一報いただけますと幸いです。

宜しくお願いいたします!
[PR]

by shun_okano | 2012-09-16 18:46 | イベント
2012年 09月 14日

Cross Classic

何度か紹介させていただいているChris King 主催のGOURMET CENTURYの映像が公開されています。

是非、コチラを御覧ください。





ポートランド在住のシェフによる地元の食材を使った料理の数々。

美しい田舎道を自転車でめぐるセンチュリーライド。

d0180357_2032823.jpg






我々の周りにあふれている「大量生産・大量消費」とは違う「何か」があります。

いつか自転車で参加して、その「何か」を体感したいと思っています。







そんな彼らのAtittude がつまったのがCielo のバイク。





先月納車させていただきましたH様のCielo Cross Classic を紹介いたします。

IMG_0120

IMG_0121

IMG_0123

Cielo Cross Classic  フレーム&フォークセット¥231,000




ブラックのベースに浸食のエレクトリックブルーのロゴが映えるカラーリングがかっこいい1台。

031 033

IMG_0143 IMG_0130



もちろん、ヘッドパーツやハブはChris King

IMG_0135 019




当店でCieloはカンパ組みの御依頼が多いのですが、H様の場合はAthena ブラックです。

ブレーキは定番のPaul のNeo Retro&Touring Canti

009 014

016 028





H様がお住まいの埼玉の秩父方面は(遠いところ、誠にありがとうございます!)、御自宅からちょっと走ると里山やトレイルが豊富な地域。

舗装路のロングライドだけでなく、土の上を走る楽しみも日常的に味わっていただける環境でいらっしゃるので、相談の上でCross Classic に決めていただきました。



Cross Classic はSportif Racer などと比較すると、ジオメトリーの関係でやはり少しまったりとした乗り味ではありますが、非常にバランスのとれた何にでも御使用いただける1台です。

機能面やデザイン面で、今の時代にも通用する「ツーリングバイク」といったところでしょうか。



これで秩父の河原や山道を走ることができるなんて、本当にうらやましい!

いつか秩父のお奨めルートを御案内いただきたいですねー。





今からの御発注ですと、年末~年始の納車が可能です。

シクロクロスのシーズンにも十分間に合います。



是非、御検討ください!










d0180357_20212666.jpg


d0180357_20215564.jpg


秩父だったら、これくらいのところありそうですね。
[PR]

by shun_okano | 2012-09-14 19:25 | CIELO
2012年 09月 09日

縁 enishi cap いいですよ!

久々の小物の紹介です。



京都発、サイクルキャップ 縁(enishi)

縁enishi Hand Made Cylcle Cap 釘抜きさん type02


作者の河村氏は京都在住で本業が掛け軸の製作なのですが、熱心なサイクリストでもある氏は、いつしか本業のつてで入手できる手拭い生地や西陣の裂地を使ったサイクルキャップを製作するようになりました。

ひとつひとつ手作りされるキャップは、もちろんしっかりした作りで、非常にかぶりやすいです。



P1030073

イーストリバー店主も愛用しています!




基本的に染め上がった生地を全部使ってしまったら、そのモデルは終了。

柄によっては生地のどこを使用するかによって、パターンが変わったりします。

つまり、どのキャップもほとんど「1点もの」といってもいいかもしれません








当店では和柄を中心に常にいくつか在庫しております。




1A7C9376

1A7C9372 1A7C9375

風神雷神 フリーサイズ   ¥3,150





1A7C9382

1A7C9381 1A7C9384

文様尽し フリーサイズ   ¥3,150





IMG_0675

IMG_0674 IMG_0677

小紋尽し フリーサイズ   ¥3,150




1A7C9378

1A7C9377 1A7C9380

蝋纈染め, 楽器  フリーサイズ   ¥3,360





IMG_0684

IMG_0683 IMG_0686

青海波 フリーサイズ   ¥3,360





IMG_0679

IMG_0678 IMG_0681

波に矢絣 Lサイズ   ¥3,360





サイズについては、フリーサイズが頭周約55~60cm、L サイズが頭周約59~64cmとなっております。

上の画像のもので別サイズも生地が残っていればお作りいたします。




お値段は生地によって変わりますが、¥3,360のシリーズのちょっと厚手の生地で落ち着いた柄のものが、これからの季節にはちょうど良いかもしれません。






「これはサイズもデザインの好みもぴったり!」というお客様はコチラの通販店へ。



enishi cap、今後とも宜しくお願いいたします!














Series "Alley"

河村氏撮影の京都の路地。
涼しくなったら、行ってみたいですね。
[PR]

by shun_okano | 2012-09-09 22:24 | enishi cap
2012年 09月 06日

Single Speed MTB は面白い!

先日、Single Speed MTB Japan Open を主催していらっしゃるKさんに誘っていただき、埼玉某所の山の中を走ってまいりました。

何と私も含め参加者全員がシングルスピードという、ちょっとマニアックなライド。

P1050025

私のマシーンは手前の赤いやつ、以前紹介させていただいたSingular Peregrine の通勤&Trail号です。

今回がトレイルデビュー。




暑い街中を抜けて森の中に入るとそこは別世界です。

森林浴とはまさにこんな行為をいうのでしょう。

気持ちいい!

P1050036



P1050039

土の上を思いっきり走って、リフレッシュいたしました。

最高に気持ちの良い1日を過ごさせてくれたKさん、ありがとうございました。







今回のライドで収穫だったのが、リジッドフォークやシングルスピードのMTBの面白さを存分に味わえたことです。

もちろんサスペンションフォークが装着されていればトレイル走行は楽になりますが、リジッドフォークだと自転車がシンプルな分、コース取りや体重移動やハンドルさばきによって走行が左右されるので、大変ですがより地面と戯れている感覚が味わえます(ちょっとマゾ?)。

シングルスピードだとなおさらですね。

次回はもうちょっとギア比を小さくしてのぞみたいと思います(今回はフロント32T・リア20T)。









Singular Peregrine についてはコチラの投稿を御覧ください。

80年代頃のMTBを彷彿させるクラシックなルックスも乗り味についても、参加者のみなさんに好評でした。

Singular Peregrine











今回新たに紹介させていただくSS MTBは、ちょっと前に納車させていただいたM様のCielo MTB

CIELO MOUNTAIN BIKE

CIELO MOUNTAIN BIKE

CIELO MOUNTAIN BIKE

Cielo MTB 2012年モデル

*2013モデルは、 フレームセット(ヘッドセット含む) 定価 ¥231,000。

2012年モデルとはエンド形状が異なります。




パーツについては基本的にお手持ちのMTBからの組み換えで、当店ではChris King Inset1ヘッドセットとイギリスのCarver Bikes のカーボンフォークを御用意させていただきました。

ちょっと納車前の試し乗りをさせていただいた限りでは、なかなか剛性の高い良さそうなフォークでした。




Cieloのフレームについては、いう事なし。

舗装路を走っただけでもその性能の高さは十分味わえましたが、今回Kさんに連れていってもらったトレイルなんかを走ったらさぞ気持ち良いだろうなとあらためて思ってしまいました。



神奈川県在住のM様はこれで鎌倉や逗子の森を走るそうです。

あの地域も良いトレイルがあるらしいです。

うらやましい!








イーストリバーサイクルズでは、店主の趣味でSS MTBというかなりマニアックな分野も少しずつ紹介していきたいと思っています。


御興味のある方はかなり限られているとは思いますが、是非御相談ください。


お待ちしております!











P1030917

SSJ は今年は参加できなかったけど、来年は再挑戦しようと思います。



P1030921

仮装も気合いを入れて・・・・
[PR]

by shun_okano | 2012-09-06 21:21 | CIELO
2012年 09月 02日

East River Cycling in Okumusashi 無事終了!遅ればせながら

IMG_3738


報告が遅くなりましたが、先週の日曜日、輪行日帰りツーリングイベント East River Cycling で奥武蔵グリーンラインを走ってまいりました。

街中では気温が35度を超える猛暑日でしたが、山の木陰は涼しく楽しいライドになりました。

参加者のみなさま、そしてガイドをしてくださったY様、お付き合いいただきまして、ありがとうございました!





走ったコースはコチラ

東武線越生駅に集合し、鎌北湖→一本杉峠→顔振峠の茶屋にて昼食→飯盛峠→刈場坂峠→堂平山→暑いのでショートッカットしてかき氷山田屋さん→平地を東武線東松山駅まで。


尾根伝いに続く適度なアップダウンが気持ち良い(?)、緑あふれる快適なルートでした。






IMG_3218

朝、越生駅に集合した一行。

8時過ぎるともう日差しが強いですが、さすが山が近いからか都内に比べるとあまり感じません。





IMG_3258

いざ、グリーンラインへ!





IMG_3266

じょじょに登り基調になってまいりますが、まだ笑顔。





IMG_3289

鎌北湖に到着しましたが、ここからが登りの本番です。





IMG_3306 IMG_3308

黙々と先頭を登っていくHさん。さすがです。





IMG_3310

今回最大の勾配である顔振峠までの坂。結構きついです。






IMG_3398

小休憩。高度が上がってもあんまり涼しくなりません。平地は大変な暑さであることが予想されます。




IMG_3440

もうちょっとで顔振!がんばる!





IMG_3542

IMG_3556

顔振峠に無事到着。

茶屋にておいしいとろろ蕎麦をいただきました。




ここからのコースは奥武蔵グリーンラインの真骨頂。

美しい木々の間に続く尾根道、まさに「グリーンライン」を走ります。

IMG_3613 IMG_3591

IMG_3596 IMG_3629

IMG_3611 IMG_3627



IMG_3670

刈場坂峠は最高の展望ですね。




IMG_3730

堂平山への最後(になった)登り。
余裕のHさん。




堂平山を登ったところで、かき氷の誘惑に負けて定峰峠はパスして一路山田屋さんへ。




IMG_3751

平地に降りると案の定、「今日、かき氷食べないで、いつ食べるんだよ!」と声を大にして言いたくなる暑さ(定峰をパスした言い訳です)。

これも案の定、かき氷を求めてお客さんが殺到しておりました。





並んで食べたかき氷がこれ!

IMG_3760

IMG_3757

幸せをかみしめる一行。




ちょっと日が陰ってきた平地を終点の東松山へ向かい・・・

IMG_3767

到着後は自転車を輪行バッグにつめ・・・・

IMG_3773




そして、やきとんで今回のライドはしめました!

IMG_3791






日帰り輪行ツーリング+グルメ(?)で何となく形になってきたEastRiverCycling。

次回は9月30日にやりますので、よろしかったら御参加ください!














やきとんライドには全くふさわしい曲ではありませんが、夏の終わりの定番ということで・・・・

達郎さんもオヤジだし。
[PR]

by shun_okano | 2012-09-02 18:37 | イベント