<   2012年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧


2012年 05月 28日

VENTURA SPECIAL

以前からお付き合いいただいているF様から、「気軽に街乗りできる1台」ということで御依頼を受けまして、BRUNOVENTURA FLAT のカスタム車を組ませていただきました。

_MG_2102


_MG_2085





横から見るとクランクがSUGINO MIGHTY COMP になっていることがわかりますね。

_MG_2094





ただ近づいて、さらによく見てみると・・・



_MG_2164

あれっ?




_MG_2089

あれっ?




_MG_2092

あれっ?




_MG_2087

あれっ?



_MG_2086

あれっ?




F様はロードを乗りでいらっしゃるので、ロードと比較すると確かにポジションについては気軽さはありますが、気軽に街に放置しておける自転車ではないかもしれません。


F様のようなある程度の年齢のお客様が、こんなBRUNOで都内を流していると絵になります。






BRUNOはフレームカラーが大変上品ですので、高級パーツでカスタムするとさらにその上品さが際立ちます

F様までとは言いませんが、先ずはBROOKSのサドルとグリップを着けてみてはいかがでしょうか?


1A7C7485-1

BROOKS TEAM PRO CHROME ¥16,800

COLOR:HONEY,BLACK,BROWN


_MG_2088

BROOKS SLENDER LEATHER GRIPS ¥8,400

COLOR:11 COLOR





BRUNOについては、もうだいぶ輸入元にも店頭にも在庫がなくなってまいりましたが、御所望の車種
がございましたら、もう無いと思わないでとりあえず一度お問い合わせください。

まだ、残っているかもしれませんよー。







お待ちしております!!

_MG_2091





BROOKS のショッピングはコチラからも可能!
[PR]

by shun_okano | 2012-05-28 22:33 | BRUNO
2012年 05月 25日

確かに早いCCPの輪行SACC

先ずはこちらを御覧ください。



CCPのKOUTA、頑張ってます。

多分、彼はちょっと練習したとは思いますが(笑)。

練習してなくてもでも素早く自転車を包めるCCPの輪行SACC。

おすすめです!






d0180357_22565810.jpg


CCP 輪行SACC ¥6,300

カラー:ブラック、ダークグレー、ピンク、ダークグリーン、ネイビー

別売り肩掛けベルト ¥525



基本的に700Cのロードバイクやクロスバイクの大きさを想定して作られていますが、それより小さい自転車でも少し張りが弱くはなりますが入ります。









私も4月にビバロランデブーで明石に行った折に試してみました。

中身は700Cのシングルギアです。


d0180357_2355394.jpg



SACCとは関係ないですが、新幹線や特急での輪行の基本は、車両の一番後ろを早めに並んで確保すること。

新幹線ですと、この状態で3人掛けシートの後ろにすっぽり入ります。





先日の房総でも。

P1040795




街中を自転車で散策するのは、もちろん楽しい。

でも、あまり車とすれ違わないような道をある程度のスピードで走りたいとなると、東京だとやはり輪行した方が確実です。


慣れるまでは大変かもしれませんが、慣れてしまうとはるかに行動半径が広がりますよ!



是非、お試しください!




EastRiverCycles Webshop を御利用のお客様はコチラからどうぞ。
[PR]

by shun_okano | 2012-05-25 23:41 | CCP
2012年 05月 24日

またまた房総で平日ライドしてきました

先週の平日、お客様お二人に付き合っていただいて、またまた房総に行ってまいりました。

コースについては、お昼頃に錦糸町から総武快速で五井→小湊線に乗り換えて上総牛久までは前回同様で、安房小湊までは違った林道をつないで走りました。





P1040794

これが小湊線。
1両だけの半分観光電車のようなローカル線です。
平日だから地元の人ばかりで、ゆっくり輪行できます。

着いたときは丁度通り雨とぶつかり、どしゃぶりでした。


P1040795

P1040796

かわいい駅舎で雨宿りをさせてもらって、止んできたのを見計らって出発。






P1040806

P1040808

林道や里山を走り抜けているうちに、路面も乾いてグッドコンディションに。

林道といってもこのあたりはだいたい舗装されていて、大変気持ち良く走れます。







P1040812

房総らしい峠。

見渡す限り山々ですが、わりとすぐ下に電車が走っていたりします。






P1040815

確か大福山のてっぺん(違っていたらごめんなさい)。

この山を上がるルートがいくつかあって、今回は前回よりも上りはきつかったですが、木々に囲まれたとても美しいコースでした。

天気もこの時分には晴れ上がって、最高の気分!

P1040821

下ると紅葉狩りの名所、養老渓谷。






P1040827

P1040825

全く国道らしくない国道(すれ違った車の数、10台未満)178号線を何かすると、勝浦ダムに到着。

この前の上りが結構きついです。







そしてゴールの安房小湊へ。

P1040831


P1040833

この海が見えた瞬間がすごく感動的!

しかも太平洋!







P1040838

ここに到着した時点で、午後5時半。

夕方でうっすらと赤くなっている空がきれいです。

この後は前回と同じく駅近くの居酒屋で、軽く打ち上げ。


帰りは特急わかしお号で東京へ。









半日でこんなに充実したライドは房総ならでは。
休日はさすがにもう少し人が多いでしょうが、みなさんも是非どうぞ。
[PR]

by shun_okano | 2012-05-24 21:16 | 日記
2012年 05月 21日

ripa gron 新作入荷

ripa gron


Hand made in Saitama、ripa gron 新作入荷いたしました。

友人のヒロエ氏がキャンバス生地を使ってひとつひとつ製作するバッグは、温かみがあってとても使いやすいです。

是非、お試しください。




ripa gron

ripa gron ripa gron

Brown + White ¥18,900




ripa gron

ripa gron ripa gron

Khaki  ¥18,900


写真を見ていただいてもおわかりのとおり、背中にぴたっとフイットしますので、開口部にはジッパーがなくボタンだけでとまるようになっております。
ものの出し入れには大変便利。



今回入荷しましたのは、かなり落ち着いた大人なripa

どんな年齢のお客様にお使いいただいても、違和感がないのではないかと思います。




バッグの詳細につきましては、以前のブログ記事で紹介させていただきましたので、コチラを御覧ください。





P1080868

カラーバリエーションにつきましては柔軟に対応しておりますので、御自分のお気に入りの組み合わせでカスタムオーダーも可能です。

「コレ!」と思うものがございましたら、どしどしお問い合わせください。


お待ちしております!




新たにオープンいたしましたEastRiverCyclesWebshop を御利用のお客様はコチラからどうぞ。













全く関係ないが、ぼくの大好きなこの人も埼玉出身なのだった。

若いヒロエ君はこの人の存在すら、知らないだろうが・・・。

ショーケンとか、尾崎とか、椎名林檎とか、やるせない魂が埼玉なのだろうか。
[PR]

by shun_okano | 2012-05-21 18:26 | ripa
2012年 05月 20日

解決!メンテキャンプ


Shortyys Bicycle Concierge プレゼンツ
「解決!メンテキャンプ in 森下 ~春場所~」 5月26・27日(土・日)
d0180357_17164095.jpg

店主の留守中を狙うゲリラ的なこのメンテ教室、前回開催は2月末でした。
寒い中洗車教室はつらかったですね(笑)ミスチョイスでした。反省。

あれからだいぶ暖かくなって自転車にとっては最高の季節になりましたね♪

街乗りツーリングから本格志向の方まで、快適な自転車ライフを満喫するためには、
出先でのトラブル対処法をおぼえておくと◎

というわけで、大好評!?
メンテキャンプ(キャンプはしません)
 『パンクなんて怖くない!"チューブ交換講座編"』
またしても店主の留守中を狙った犯行・・・今回は店主の監視付きで開催です!

d0180357_17595899.jpg
こんなに盛大には出来ませんけどね・・・

日時:5月26・27日
時間無制限一本勝負!とはいきませんので^^;
昼12時~夕方17時までの間、到着順に順次開始
(同時間帯に複数御来店の場合は、御一緒にお願いする可能性がございます)
参加費用:¥1,000-
持参して頂くと素敵なもの:タイヤレバー・携帯ポンプ等の"自分の道具"
(出先では自分の工具使いますよね♪ お持ちでない方は貸出致します)

優しくスパルタンに御指導致します♪

みなさまお誘い合わせの上、是非!



[PR]

by shun_okano | 2012-05-20 23:42 | メンテナンス
2012年 05月 19日

VIVA10 !!

P1090950


最近、オーダーをいただいて組みましたVIVALO ロード。

女性のオーナー様なのですが、何と旦那様から結婚10周年の記念に贈られた1台です!





P1090952

P1090955

うーん、女性らしいカラーリングで美しい。

すべての既婚の自転車好きの女性の方にとっては、うらやましい限りでは?





P1090961

シートチューブのデカルは「VIVALO」ではなく、よく見ると「VIVA 10」!

御結婚10周年、おめでとうございます。

そして、VIVALOを選んでいただき、誠にありがとうございます!






微妙なカラーを御所望お客様に対しては、いつものVIVALO PAINTERでデータを作成していただく以外に、 自転車以外でもいいので何らかの実物の画像データをいただいております

こちらのお客様の場合は「某有名ゲーム機のカバーの色」という御依頼。

工場にて苦心の末、かなり良い仕上がりになりました。

P1090957



ラグやステーはアイボリーに近いホワイトで。

P1090967 P1090968



ダウンチューブのロゴはVIVALO DRESSCODE といっしょの特徴のあるもの。
この選択も可能なんですよ。

ヘッドマークはVIVALO PHENIX です。

P1090960 P1090970




オーナー様の旦那様は革バッグの製作メーカーにお勤めなのですが、バーテープは御自身で工場からセレクトされたオリジナル。

シンプルなルックスと柔らかいタッチが、素朴な印象で良い。

P1090963




もちろんパイプはKAISEI019で、性能面もばっちりです。

P1090969






高価なロードバイクをプレゼントに1台なんてなかなか難しいですが、そんな機会がありましたら是非VIVALOを御利用ください。

カスタムメイドですから、当たり前ですが世界に1台しかない自転車をお作りいたします。


何なりと御相談くださいませ!











末永くお幸せに。
[PR]

by shun_okano | 2012-05-19 21:11 | VIVALO
2012年 05月 17日

EastRiverCycles WebShop 開店のお知らせ

以前にもお知らせしましたとおり、EastRiverCycles のWebshopが、ひっそりと開店いたしました。



よろしかったら、コチラからどうぞ。


まだまだ商品は少ないですが、少しずつ商品を増やしていきますので、ちょくちょくのぞいていただけますと幸いです。


宜しくお願いいたします!











雨の日はイーストリバーのウェブ店へ是非どうぞ。
[PR]

by shun_okano | 2012-05-17 23:53 | Webshop
2012年 05月 11日

Singular Gryphon + Retroshift !

SINGULAR GRYPHON

一度、輸入元に戻ってパーツ交換されたSingular Gryphon試乗車が、再度当店にやってまいりました。





SINGULAR GRYPHON

Singular Gryphon フレーム+フォークセット(エキセントリックbb付)  ¥99,750



もともとドロップハンドルを装着するとちょうどよいジオメトリーになっているモデルなので、本来の姿といったところでしょうか。





さらに・・・・

SINGULAR GRYPHON

一部で話題になっているRetroshift が装着されてきました!

Wレバーかバーコントラーを組み合わせることができるブレーキレバー

アナログですが、STIレバーと同じ機能になるわけですね。

こちらも是非お試しください。







スカイツリーが開業間近で連日テレビでは大騒ぎしておりますが、当店が位置する森下近辺はいたって静かです。
変わったことといえば、近くを走っている都営バスの「業平橋駅」ゆきが「とうきょうスカイツリー駅」ゆきに変わったことくらい・・・・・

d0180357_1441418.jpg






見学がてら、当店にお越しください。
お待ちしております!
[PR]

by shun_okano | 2012-05-11 14:46 | SINGULAR
2012年 05月 10日

ORCA BRONZE 上品なカーボンバイク

d0180357_2111477.jpg



ORBEA の自転車とは以前の職場からの付き合いですが、今でもとても好きです。



正直言って、現在市場に出回っている完成車メーカーのバイクは、どこのものも遜色なく完成度が高いものばかりです。

どこのものもコストパフォーマンスだって悪くない。



そんな中で私がORBEAを選んで、お客様にずっとお奨めし続けているのは、性能やコストパフォマンの高さはもちろんですが、ORBEAの奇をてらっていないシンプルな、ヨーロッパのメーカーらしい上品さに惹かれているからだと思います。


色々なメーカーのホームページを見させていただきますが、やっぱりアルミやカーボンだったらORBEAの完成車があらためて一番良いと思う今日この頃。





ORBEA ORCA BRONZE

ORBEA ORCA BRONZE ORBEA ORCA BRONZE

ORBEA ORCA BRONZE ORBEA ORCA BRONZE





ORBEA ORCA BRONZE

ORBEA ORCA BRONZE ORBEA ORCA BRONZE

ORBEA ORCA BRONZE ORBEA ORCA BRONZE


ORCA BRONZE + SHIMANO 105 完成車  ¥231,000

サイズ:48,51,53

カラー:ホワイトカーボンレッド、アンスラサイト





今年のニューモデルも相変わらずシンプル&グッドクオリティ。


入荷が遅れておりましたが、輸入元にも少しずつ在庫があるような状態になってきたようです。


イベントが続くこれからの季節、こんな1台で是非いかがでしょうか?
[PR]

by shun_okano | 2012-05-10 21:45 | ORBEA
2012年 05月 06日

遅ればせながら、Vivalo Rendezvous 2012レポート

DSC_0148



約1か月前になりますが、Vivaloの工場見学+淡路島ライド 「 Vivalo Rendezvous 」を開催いたしました。

参加者の方々の御協力のお蔭で、事故もなく楽しくイベントを成功裡に終えることができました。

みなさま、誠にありがとうございました。




戻りましてから忙しく過ごしておりまして、なかなかレポートする機会を逸していたのですが、このたび御報告を少々。







今回は東京からは私を含めて6名、関西からは約15名のお客様に御参加いただきました。



土曜日の朝にJR 新幹線 西明石駅で集合。
関西のお客様と合流して、先ずは工場に向かいます。
工場までは、自転車で約15分程度です。

DSC_0010 DSC_0026



工場に到着。
一同(特に東京組)、かなりわくわくいたします。

P1020418



工場前にVivalo がずらっと並ぶ光景はなかなか壮観。
作品群をながめながら、ビルダー日下氏もかなり満足気な様子です。

DSC_0036

DSC_0048



参加者の方々から次々に飛び出るフレームビルディングに関する質問に対して、1個1個丁寧に答える日下氏。
含蓄のある説明に、一同おおいに納得。
さすがです。

DSC_0075

DSC_0073



治具の数々は開業時に自分で設計して作ってもらったり、自作したりしたオリジナルばかりとのこと。
それらがきれいに配置された工場に身を置くと、精度や作業効率を高めることに心血を注いできた日下氏の情熱を垣間見た気がします。

P1020427 P1020428



工場内に塗装場があるのもVivaloの特徴です。

P1020425 P1020421



一通り見学後は、Comfort Space さんと関西組のみなさんの御好意で、工場前でバーベキューをおいしくいただきました。
ありがとうございました。

DSC_0107 DSC_0108



バーベキューの後は、江井ヶ島近辺までポタリング。
天気が心配されましたが、この時分にはすっかり晴れて、一同御機嫌でペダルを踏みました。
初めて自転車で走る瀬戸内海の美しさいは、とても感動的。
街からちょっと足を伸ばすとこんないいところがあるなんて、東京ではまずありえません。

DSC_0140 DSC_0155



江井ヶ島の名酒「神鷹」の製造元、江井ヶ島酒造さんの古い酒蔵の前で休憩していたら、工場の方が声をかけてくださり、思いがけず工場の中も見学させていただけることに。
潮風によるいたみを避けるために黒く焼かれた木材の建屋が並ぶ敷地内は、工場というより全体が博物館のようでありました。

DSC_0207 DSC_0225



東京組は明石駅近くのホテルに滞在し、夜は居酒屋で宴会。
自転車談義に花を咲かせました。

DSC_0262


 





日曜日は早起きして、明石港の食堂で朝食。
早朝からお仕事をしていらっしゃる地元の人向けなので、朝から名物のたこが入っただしまき定食やあなご定食がいただけて、なかなか御機嫌です。

P1020468 P1020469



関西組と再度合流し、ジェノバラインに乗って一路、淡路島へ!

DSC_0268 DSC_0294



ジェノバラインは15分ほどの乗車時間ですが、明石大橋の下をくぐって淡路島に至る航路は、なかなか風情があります。
これで自転車含めて650円は安い!
機会がありましたら、是非お試しください。


DSC_0321



今回は帰りの電車の時間もありますので、島北側の約60キロのライドです。

南側はアップダウンが多くて結構大変なことで有名な淡路島ですが、今回走ったのは基本的に平坦で走りやすいコースでした。

DSC_0324 DSC_0332


途中で路地の奥に突然現れるアートなカフェに寄り道。

DSC_0344 DSC_0359



昼食は名物の淡路牛丼をいただきました。

DSC_0367 DSC_0366



中盤では島を横断する山道を通過して、島の西側へ。

この西側の海岸沿いの道が、非常に気持ちいい!

気持ち良すぎて全然写真が残っておらず、画像を見ていただけないのが残念です。




途中で地元では有名なあなごの直売所に、またまた寄り道(食べてばっかりだったな)。

P1020491 P1020492




最後の明石大橋が見えてきたところのみ、画像が残っていました!

西側のライドは、本当におすすめです!

P1020496
 




最後はジェノバラインで明石に戻って、開催組の方々とはお別れ。

東京組は名店きむらやで明石焼きをいただいた後(本当に食べてばっかり)、西明石から新幹線で帰りました。






自分の自転車が作られた現場を見たいと思うのはもちろんですが、カスタムフレームがどんな風に作られているか見たい、と自転車好きなら誰しも思うもの。

お陰様で参加者のみなさまには、かなり楽しんでいただきました。


また、来年もさらにパワーアップさせて開催したいと思います。


今回、御都合が合わず来ていただけなかったお客様も是非御参加ください!










DSC_0030

Vivalo Rendezvous でみなさまとお目にかかれるのを楽しみにしております。












 
[PR]

by shun_okano | 2012-05-06 19:21