<   2011年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧


2011年 05月 29日

Single Speed MTB Japan Open に行ってまいりました

P1090901


もうすでに各方面でウェブ上に記事がアップされておりますが、先日、開催されましたSingle Speed MTB Japan Open、店長岡野もお客様数名と参加してまいりました。
そのレポートを少々。




5月21日(土)、晴天。
5時に都内を出発した我々一向は、6時過ぎには会場の相模湖トレジャーフォレスト到着。
駐車場には、日本各地のナンバープレートの車から、MTBをおろして準備にいそしむ方々が。
気分が盛り上がってきます。
P1030895

同行してくださいったGEN&YUKKA御夫妻。
まだ余裕の表情です。
P1030894


UNA氏も合流して、会場内を散策。
問屋さんやお店さんのブースが結構でていて、かなりいい感じ。
P1030905




いよいよ開会!
注意事項の説明が主催者の方々から。
かなりな人数が集まってきました。
200人くらいはいたのでは。
P1030910



最初はファンレース部門がスタート。
ここにはYUKKAさん&岡野が参加しました。
余裕しゃくしゃくのYUKKA女史。
P1030920

それに比べて、派手派手な方々に囲まれ固い表情の店長岡野。
P1030921



いよいよスタート!
P1030917

ファンレース部門は、全長4.2キロのコースを3周走ります。
今回は「プロが走るようなコースを参加者全員に走ってもらう」というのがコンセプトだったようで、かなり起伏に富んだハードなコースでした。


でも、本当にいい天気で、自然の中を走るのは気持ちいい!
思わず笑顔がこぼれます。
P1030927

YUKKAさん、無事完走。
終わったあとも全然余裕。
P1030932

パンクを直すも、激しく転倒した末にリタイヤした情けない岡野。
久々のオフロードで、年甲斐もなく調子に乗りすぎました。
P1030925
楽しかったのでよしということで・・・・(苦笑)





お昼休みをはさんで、いよいよ本番の選手権スタート!
P1030934

P1030939
GENさん&UNAさん、がんば!


選手権はファンレースと同じコースを5周走ります。
こちらの部門には、元日本チャンピオンの竹谷選手小笠原選手、アメリカで活躍されている池田選手、元世界選手権代表小野寺選手などが参加されていて、緊迫感もスピードも全然違います。


P1030943

P1030969
速くてちゃんと写真とれないっす!


ファンレースでは押して歩く人が多かった急坂もがんがんのぼっていきます。
P1030946


そんな中、我々の仲間も頑張りました。
P1090940

P1030953

いつもお世話になっているCCP KOTA氏もMTB初参戦ながら大健闘!
P1030961





閉会式ではレースの表彰だけでなく、仮装大賞も表彰されました。
これがSSJの醍醐味ですね。
P1090956
手前のチョンマゲの方が主催者の北澤さん。
お疲れ様でした!


ファンレース女性部門の名古屋のお三方。
速いんですよねー。
P1090951

YUKKAさんも入賞し、チューブをGET!
P1090950


選手権、1位 小野寺選手、2位 小笠原選手、3位 松本選手
ホンモノのプロの走りに感動しました。
ありがとうございます!
P1090961





いやー、転倒でリタイヤしましたが、楽しかったです!
いい空気ときれいな山々に囲まれて、土の上をMTBで走るって本当に気持ちいい。
「シングルスピード」というくくりも、つらいだけという御意見もありますが、制約された中でギア比を考えたりするのが面白くてよかった。
また、そんなことを面白がる方々が集まっているから、イベント自体も緩くて独特な雰囲気でした。
初めての人でも結構楽しめると思いますよ。


御興味のある方は、来年是非御一緒しましょう!






d0180357_17263211.jpg

来年こそは完走しなければ・・・・・
[PR]

by shun_okano | 2011-05-29 14:21 | イベント
2011年 05月 27日

GAZZETTTA della STRADA 組んでみました

P1070647


春がきてからというもの、自転車の写真をとるというと、お向かいのKさんの軒先をバックに使わせていただくことが多いですが、今回もこれでいかせていただきたいと・・・。
いつもありがとうござます!


以前にも紹介しましたCINELLI GAZZETTA della STRADA をシマノ105 で組んでみました。
25Cの太目のタイヤもはけてしまう、ツーリング+街乗り系クロモリロードモデルです。

P1070649

P1070638


この仕様で約¥197,000 です。

フレームが¥73,500ですからちょっとお高めですが、それには少々わけがございます。
シマノ105ですから、それなりに値段はするわけでありますが、それ以外にも理由がございます。

例えば・・・
P1070642

P1070641
SIM WORKS RHONDA STEM ¥10,500
SIM WORKS WITH ME SPACER ¥1,260

名古屋のSIM WORKS が日東とコラボして製作した、クロモリ・オーバーサイズ・31.8ハンドルクランプ径のステムです。
昔ながらのクロモリの美しさに現代の味付けをしたステムが、ガゼッタの雰囲気とマッチして映えますね。


それから、これ
P1070644
ZIMBALE LEATHER SADDLE ¥13,900

KOREA発の革サドル。
BROOKS のSWALLOW にかなり形が近いですが、SWALLOWだと安いモデルでも2万円以上しますから、かなりコストパフォーマンスがいいです。
ただ、それだけでなくつくりも素材もかなりのクオリティーです。
革の張りの調整も六角レンチで行えて、使い勝手の良さもZIMBALEならでは。
ツヤ消しの質感が渋いですね。



調子に乗って、もう一つ展示車のCALAMITA UNO にもつけてみました。
P1070652

P1070656
CALAMITA UNO + ZIMBALE ¥132,550




GAZZETTAにしてもCALAMITAにしても、レーシング系ではなくゆったり長距離を走ったり、街乗りをしたりするためのロードバイク。
キャリアーをつけて荷物を積んじゃったりしたかったら、アルミやカーボンではなくこのタイプのフレームの方がベターです。


夏の長いお休みに自転車で遠乗りをしよう、なんて考えていらっしゃるお客様はここらへんなどいかがでしょう?
是非、一度見にいらしてください。


お待ちしております!




d0180357_14212391.jpg

下町界隈をウロウロするのも楽しいです
[PR]

by shun_okano | 2011-05-27 22:52 | CINELLI
2011年 05月 25日

遅ればせながら CINELLI EXPERIENCE

今日の森下は風もなくおだやかでいい天気。


お向かいの渥美屋酒店さんのお花が、とてもいい感じです。
P1070635

P1070636


このあたりの店先にあるこういう鉢植えって、本当に絵になるんですよねー。
梅雨前の初夏らしい光景。





というわけで、CINELLI EXPERIENCE

P1070617
CINELLI EXPERIENCE + VELOCE mix 組立車 クイックシルバー Sサイズ ¥207,900


2011年モデルのフレームセットを11月にオーダーしましたら、入荷がつい最近。
さすが(?)CINELLI です。
6月末には2011モデルの受注が終了してしまうじゃないかー!


ですので、サイズが合う方は是非どうぞ。



P1070621

P1070620

P1070618



2011年からエクペリエンスは「XPERIENCE」ではなく「EXPERIENCE」となり、フレームがフルモデルチェンジいたしました

エントリー向けのアルミフレームという基本的なコンセプトは変わっておりませんが、パイプがCOLUMBUS AIRPLANE になり100グラム軽量化され、走行性能も上がりました。
700X28のタイヤが入るクリアランスが確保されたり、トップチューブにケーブルが内蔵されるようになったりと、重要なポイントでも性能が向上しました。
P1070619

名称変更の理由は定かではありませんが・・・・。


エクスペリエンスというと、前のフレームが6年ほど(!)モデルチェンジしていませんから、あのイメージが強いですが、新しいの、かなりいいと思います。
以前、試乗車に乗せてもらったのですが、前のモデルよりも明らかに剛性が上がっていて前に進みます。
デザインも派手すぎず、秀逸ですね。






同時に入荷したのが、日本限定カラーのこちら
P1070623

P1070627
CINELLI EXPERIENCE FRAME SET ¥92,400 イタリアンホワイト XSサイズ



イタリアンフラッグのトリコロールを全体に配したカラーは、またクイックシルバーとは違った魅力です。
青の色が特にいいんですよねー。


P1070625


細かい部分へのこだわりは相変わらず
P1070629



もう少しすると梅雨になりますが、合間、合間は寒くないので快適に走れます。
そしてさらにもう少しすると夏です。


初めてロードに乗る方だったら、ちょっと高めですがこんなスタイリッシュな自転車を相棒にいかがでしょうか?


お待ちしております!





P1070637
金魚クンたちもお待ちしております(渥美屋さんのですが・・・・すいません)。
[PR]

by shun_okano | 2011-05-25 13:09 | CINELLI
2011年 05月 18日

bern のヘルメットの取り扱い開始です

d0180357_8372100.jpg



もう絶対に安全上かぶった方がいいに決まっているヘルメットですが、かぶったときのあまりの「違和感」からどうしても躊躇してしまうお客様が多い。

ジロ・デ・イタリアなんかも見たことがあって、最初からロードバイクをスポーツとして乗ることを前提としていらっしゃるお客様は、、自転車とヘルメットをセットで御検討いただけます。
でも、街乗りや通勤・通学で自転車をお使いになられる初心者の方は、なかなかそうはいきません。

確かにわかりますけどね・・・・






そこで bern
d0180357_1945132.jpg

現存するヘルメットの中では、もっともカジュアルでしょうか。



こんな雑誌にも紹介されちゃったりするくらい。
d0180357_1962548.jpg

もちろん、この雑誌は初めて見させてもらうのですが(汗)、

かのKaty Perry 女史がかぶっている写真が紹介されていました。
d0180357_1910333.jpg

セレブのKatyさんがかぶっているからというわけではありませんが、他のヘルメットと比較するとかなりお洒落度は高いと思いますよ。

街でも自然な感じです。



もちろんスノーボードから開発が始めたヘルメットですから、安全性はとても高い。
こんなヘルメット、いかがでしょうか?





今回入荷したのは3モデル。

P1070612
BRENTWOOD ¥9,240  カラー多数



P1070611
MACON VISOR ¥8,925  カラー多数


P1070613
WATTS ¥7,560   カラー多数


3モデルの中ではBRENTWOOD が一番軽量で空気抜けのホール数も多く、一番自転車向き。
ただ、むこうの方の頭に合わせてあるので、幅がちょっと狭いです。

それに対してMACONWATTS は、JAPAN fit の規格となっており、頭の大きい方でもかぶりやすい形になっています。
2モデルともバイクだけでなく、スケートボードやスノーボードをやる方も対象にしています。

MACONの取り外しが可能なVIZAORは、冬には冬用のバイザーに交換が可能です。
d0180357_9305437.jpg


WATTS はシェルの一部がバイザーになっている、価格がリーズナブルなモデル。
シンプルでかっこいいですね。


おじさんがかぶるとこんな感じ。
落ち着いたカラーであれば、年齢に関係なくいけますね。
P1070601
* 撮影の関係で目つきが悪い点、お許しください。





ヘルメットをもっていらっしゃらないお客様はもちろん買ってかぶっていただきたいのですが、もうすでにひとつ持っていらっしゃる方でも街乗り用にひとついかがでしょうか?
堅苦しくなく、休日のお供にはちょうどよろしいかと。

お待ちしております!
[PR]

by shun_okano | 2011-05-18 08:38 | その他商品紹介
2011年 05月 15日

ロード イベントの季節だ!

自転車イベントは今や百花繚乱で、いろんなタイプのイベントが全国で開催されています。
15日は佐渡島を1周するイベントがあって、知り合いのお客様も何人か参加なさっています。


当店ではもうちょっと近場で行われる、このイベントに参加しようと思っています。


d0180357_13324353.jpg

ツール・ド 千葉
開催日:2011年10月8・9・10日



「せっかくロード買ったし、なんかイベントにでたいなあ」と考えていらっしゃるお客様は、こちらのホームページを御覧ください。
レースじゃないから、気軽に参加できますよ。
走る距離は気軽とはいえませんが・・・・。


7月にエントリーが開始されるようなので、時期が近づきましたら、また当ブログでも告知いたします。
是非、御一緒しましょう!







で、「御一緒したいけど自転車がない!」というお客様はこちらをどうぞ。


d0180357_15522920.jpg

ORBEA  AQUA + SORA
¥98,700 ホワイト/ブルー サイズ54



d0180357_15531687.jpg

ORBEA  AQUA + TIAGRA
¥136,500 ホワイト/オレンジ サイズ48



当ブログでも何度も紹介しているORBEA のエントリーモデルAQUA

このあたりの価格帯の自転車は問屋の在庫もだいぶなくなってきていて、上の2台のカラーでこれらのサイズはもう完売しております

オルベアの場合、オレンジは特に人気のチームカラー
サイズも小さいので、オレンジのアクアは女性の方に強くおすすめしたい1台です


今からバッチリ乗っていただいて、暑い真夏は乗る回数がちょっと減って、もう少しするともう10月。

家計に無理のない範囲で、こんなロードバイクはいかがでしょうか?

お待ちしておりまーす!
[PR]

by shun_okano | 2011-05-15 14:44 | ORBEA
2011年 05月 14日

TOKYOBIKE BISOU + フェンダー + WALD

P1070585

超お洒落 ママチャリ型クロスバイク TOKYOBIKE BISOU 入荷いたしました。


カラーは年齢を問わず人気のブルーグレー。
落ち着いたカラーが初夏の雰囲気にぴったりです。


P1070586
TOKYO BIKE BISOU ¥42,000 (本体のみ、泥よけと前カゴは別売り)


スタッガートといトップチューブがグンと下がっているフレーム形状だから、小柄な女性のお客様でも安心してお乗りいただけます
カラーはブルーグレーの他に7色をライナップしております。
どれも派手すぎず地味すぎない、上品な色がチョイスされています。
メーカーで欠品しているものもございますが、一度コチラを御覧になられてお問い合わせください。





展示車には専用のフェンダーとWALD の前カゴを装着してみました。


P1070587

P1070588

TOKYOBIKE AL FENDER ¥4,500
WALD 137 BASKET SIL ¥3,675


フェンダーは純正品なので相性がぴったりなのは当然ですが、WALD のカゴも似合いますね!
WALD はアメリカで100年の歴史を誇るバスケットメーカーで、日本のカゴとは違った風合いが人気です。
むこうの映画で見たことがあるような形がかわいい。



この春からはママチャリを卒業してBISOUで街を走りましょう!
お待ちしております。



d0180357_131127100.jpg

[PR]

by shun_okano | 2011-05-14 13:12 | TOKYOBIKE
2011年 05月 13日

ONIXの季節になりました!




先日、色々と検索していたらドイツのこんなテレビ番組を見つけました。
日本でいうと「カーグラフィック」みたいな(ちゃんと見たことがなくてすいません)番組になるんでしょうか?
「カーグラフィック」の自転車版。
さすが自転車先進国ドイツ。

その番組で短いですが、ORBEA ONIXが紹介されていました。
残念ながらドイツ語がわからないので、どんなふうに紹介されているかはわかりませんが、雪の中を走るライダーの映像がなかなかかっこいい。
季節外れですが。





日本ではGWも明けて暑くなってまいりました。
ジロ・デ・イタリアも始まって、いよいよ本格的なロードシーズンの到来です。
今のところエウスカルテルの調子はもうひとつのようですが、がんばって!




2011年モデルのバイクは少しずつなくなってまいりましたが、まだ残っているお買い得車を御紹介。


d0180357_23223461.jpg

ORBEA ONIX + 105 ANTHRACITE サイズ54
¥238,000 ⇒ 特別価格 ¥1**,***  




d0180357_23232041.jpg

ORBEA ONIX + ULTEGRA RED/WHITE サイズ48
¥298,000 ⇒ 特別価格 ¥2**,***

御成約済。誠にありがとうございました。


上の番組でもベタ褒めされているであろう(?)、オールラウンドな状況で御使用いただける素晴らしいカーボンバイクです。
まだまだ迷われているお客様、この機会にいかがでしょうか?



お待ちしております!




  
[PR]

by shun_okano | 2011-05-13 23:25 | ORBEA
2011年 05月 09日

SINGULAR GRYPHON 試乗車きてます

d0180357_145171.jpg



ちょっと前になりますが、BIKE BIZ TOKYO さんからお借りしている SINGULAR GRYPHON で荒川沿いを走ってきました。

天気もよく風もおだやかで、本当に気持ちの良いライドでした。

御存知のとおり荒川の河川敷はおそろしく広いので(聞くところによると面積は日本一とか)、GRYPHON で遊ぶにはちょうどよい場所。
土手やグランドに寄り道して、ささやかながらオフロードの面白さを再認識いたしました。

あんなところでコースつくって、MTBやシクロクロスのファンレースやったら面白いだろうなあ。




というわけで、GRYPHON です。
P1070574

またお向かいの美しい花の前で撮影させていただきました。
P1070570



SINGULAR では29erのMTBモデルとして、GRYPHONSWIFT の2機種をラインナップしておりますが、これらは似て非なるモデルです。


SWIFT がサスペンションフォークの装着を前提としたスタンダードなMTBのジオメトリーなのに対して、GRYPHON は専用リジッドフォーク+ドロップハンドルの装着が前提となっています。


d0180357_17404246.jpg

d0180357_17415120.jpg

上の図はともにMサイズで同様の身長の方がのることを想定していますが、ずいぶん大きさが違うことがおわかりいただけると思います。



つまり、GRYPHON は体裁は29erMTBなのですが、実はいろんなことに使えちゃうマルチなモデルなのです



こんなのもありだし・・・・
Singular Gryphon - cruiser build


うちにある試乗車みたいに、普通のライザーバーで組むのもありです。
P1070568
この試乗車に乗ってみるとわかるのですが、トップチューブが短くて地面からの高さが低いので、身長が170センチ以下のライダーが29erに乗った時に感じる「違和感」がまるでありません。
この組み方だと26インチのMTBに乗っている感覚で乗ることができますね。

日本人にはこの組み方が最高かもしれない。



ちなみに本国のホームページを見ると、オーナーで設計者のサムさんが個人的に一番気に入って乗っているのが、このGRYPHON らしい。
ということは、SINGULAR の基本的なコンセプトが最も反映されたバイクがGRYPHON なのでしょう。



もちろんSINGULARの他モデルといっしょで、PHIL WOOD のエキセントリックBBが付属していて、多段ギアでもシングルギアでも組めるようになっています。
d0180357_22592651.jpg




今月はSINGLE SPEED MTB JAPAN OPEN があったり、秋冬にはシクロクロスの大会があったりします。
別にレースにでなくても、街乗りしたり、河川敷で遊んだり。
こんな最高に楽しめる自転車、1台いかがでしょうか?



先ずは試乗にいらしてください。
お待ちしておりまーす!



Chilicross '09
こんなとこで思いっ切り走れると一番いいんですがね。
[PR]

by shun_okano | 2011-05-09 15:28 | SINGULAR
2011年 05月 05日

suplest のシューズ 取り扱い開始しました

サイクリングアパレルは、なるべく自分が納得できるようなブランドにしぼって取り扱いたいと考えて、開店以来、ほとんど商品は自転車と小物だけでやってきました。
納得のいかないものを無理しておかないようにしてきました。


ただ、本格的に自転車のシーズンがやってきましたので、ここらで少しずつ取り扱いブランドを増やして、お客様に対しきちんと総合的にサイクルライフを御提案差し上げられるショップを目指していきたいと考えています。



そこでシューズはこれで。

d0180357_194520100.jpg


d0180357_19525054.jpg



Suplest from Switzerland 。
2007年からスタートした新しいブランドですが、その性能の高さから早くも一部のプロサイクリストにも使用されています。
モデルの数はまだまだ少ないですが、イーストリバーサイクルズ同様(?)これからの更なる飛躍が期待できるブランドです。



Suplest」というブランド名は、supple=「柔軟な」という英語とsouppless=「効率的なペダル運動」(たぶん)というフランス語を組み合わせた造語です。
ロゴのクマは、スイスのブランド発祥地にとって象徴的な意味があるようです。
名前のひびきもロゴもポップな感じでなかなか良い。




肝心のシューズですが、今回当店に入荷したのは以下のモデル。

P1070492

P1070509

P1070491

P1070511

S1 STREET RACING ¥29,800

ロードのモデルはこれとベルクロバージョン¥26,800だけ。
ちょっと値段はしますが、マイクロファイバー素材でできた縫い目のないアッパー部分とオリジナルのカーボンソールは、足を優しく包み込むと同時に、力を逃さないペダリングを実現させてくれます。
シンプルなデザインも秀逸ですね。




P1070494

P1070507

P1070495

P1070505

S1 CROSSCOUNTRY with backlle ¥23,100 (上)
            with velcro ¥20,600 (下)

アッパーはSTREET RACING といっしょなMTBシューズ。
オリジナルの樹脂のソールは、カーボンよりやわらかい履き心地でツーリングなどにも御使用いただけます。
ソールにもロゴがあしらわれ、細かい部分のお洒落も。
P1070575
カーボンソールのモデル(バックル¥29,800、ベルクロ¥26,800)もあります。




P1070496

P1070502

P1070497

P1070501

P1070498

P1070499

OFFROAD VIBRAM ¥15,400(上・中)
OFFROAD ¥11,800 (下)

その名のとおりMTBライドやシクロクロスでの使用を想定したモデルですが、御覧のとおりのカジュアルなルックスなので、クロスバイクで街乗りするときに使っても全然おかしくないと思います。
お値段もお手頃なので、初めてのビンディングシューズに是非どうぞ。




サイズについては、シューズは海外のものにしてはゆったりめに作られているので、よっぽどの甲高・幅広の足のお客様でなければ、スニカーのサイズを基準に考えていただければ問題ないと思います。
当店では全モデルで全サイズを在庫しているわけではございませんので、お取り寄せさせていただく場合が多いかとは思いますが、主要なサイズはいくつかありますので、履いて試していただけるようにしております。
ちなみに少しだけ甲高・幅広な私は、普段履いている靴のサイズは26.5か27.0ですが、スープレストですと42でちょうど良いです



履きやすさ・ルックスの良さはもちろんですが、まだまだ履いている方が少ないブランドなので、これからシューズを御購入される予定があって、なるべく他の方とかぶりたくないお客様は是非、御検討ください。



私もこれから自分でも履いて、随時スープレストについてレポートさせていただきたいと思っております。


今後とも宜しくお願いいたします!



d0180357_18185291.jpg

[PR]

by shun_okano | 2011-05-05 19:55 | SUPLEST
2011年 05月 04日

この夏はVIVALOに乗って旅にでよう

P1070351



先月納車させていただいたVIVALOの紹介です。

オーナーの大田区在住のK様は、以前に御所有されていた自転車が盗難されたことをきっかけに、クロモリロードの購入を一念発起して決められて、年末から何度も当店に通っていただきました。

遠くにお住まいなのに、誠にありがとうございました!
御納得いただける1台になったでしょうか。




P1070342




GWには東北にお住まいの御友人のところに旅行される予定だったそうですが、今回の震災でGWはあきらめるとおっしゃっていました。
場所によっては、だいぶ道路状況もよくなってきているでしょうから、夏のお休みのときにでも是非挑戦していただきたいものです。





P1070345

P1070348

P1070344

P1070349

P1070350



クロモリフレームの強度やしなやかさは、ロングライドにはぴったり。
キャリアダボ 等のオプションもございますので、何なりとお申し付けください。


詳細は都内唯一のVIVALO販売代理店のイーストリバーサイクルズまで。
御注文いただいてからお渡しできるまでの期間は1~2か月ですので、いまから御注文いただければ夏にはじゅうぶん間に合います!




P1070341



お待ちしております!!






d0180357_15452658.jpg

ところで、話しは変わりますが、自転車で旅する場面が登場する映画を見つけました。
ケイト・ウィンスレット主演「愛を読むひと」(2008)
見てみたい、ケイト・ウィンスレット好きなので。
あらすじを読むとなかなかヘビーな内容の映画ですが、見た方がいらっしゃったら感想をきかせていただけると幸いです。
宜しくお願いします。
[PR]

by shun_okano | 2011-05-04 23:47 | VIVALO