イーストリバーサイクルズ での出来事

eastriver1.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧


2011年 02月 24日

TOKYOBIKE SPORT 9s 御予約受付中!

d0180357_1954121.jpg


少しずつ春が近づいてまいりましたが、みなさま、自転車の準備はお済みでしょうか?


これから自転車通勤・通学を始めようとお考えのお客様は、いかがでしょうか?
まだ、どれにしようか迷ったりしてないでしょうか?


そんなお客様には、イーストリバーサイクルズはトーキョーバイクをお奨めいたします。
シンプルでスマートなルックスと使いやすさで人気のクロスバイク。


冬の間は欠品になっているものが多く、お問い合わせいただいたみなさまには御迷惑をおかけしておりましたが、本日メーカーより一番人気のTOKYOBIKE SPORT 9s(定価¥58,000)が3月半ばに入荷予定との連絡がありました。


リピートオーダーは可能ですが、「暖かくなったらすぐにでも乗りたい!」というお客様には、確実にお手元にわたるよう、是非御予約されることをお奨めいたします
御検討ください!!


今回入荷のカラーは全部で6色。
d0180357_1951332.jpg

d0180357_19515285.jpg

d0180357_19521193.jpg

d0180357_19523594.jpg

MATT WHITE


その他に新色のMATT LIGHT BLUE、MATT GRAY がございます。
これらは追って画像を紹介いたします。


9sの特徴としましては、その名前のとおり9段変速でより多様な道に対応できること、それから写真を御覧いただくとわかるとおりフレームの上の部分(トップチューブ)が水平で横から見た姿が美しいこと などが挙げられます。
この形状だと小柄な方には自転車が大きすぎる場合がほとんどなのですが、TOKYOBIKE SPORT 9sはホイールがロードバイク等と比較してひとまわり小さいため(650cというサイズ)、御身長が160センチそこそこの方でもお乗りいただけます。


つや消しの塗装も大人な感じでいいですね。


通勤・通学に、街乗りに、エクササイズに是非!


イーストリバーサイクルズでは、TOKYOBIKEを予約してくださったお客様に、もれなく裾バンド2本をプレゼントいたします。
d0180357_1955555.jpg

これさえあれば、スーツやデニムで乗っていただいても安心ですね。


暖かくなってからでは遅いかも・・・


御来店をお待ちしております!!




追記: カラーによっては入荷しないサイズがございますので、御了承ください。
[PR]

by shun_okano | 2011-02-24 19:38 | TOKYOBIKE
2011年 02月 22日

HERSCHEL BAGPACK  あらためまして

lookbook4

むこうの自転車用のバッグパックとかメッセンジャーバッグというと、かなりいかついものが多いので、それなりに本格的に(例えば雨の日も風の日も)乗る方には良いのですが、日本で普通に生活している人間が自転車に乗るときに使うとなると少々難有り。重いし、でかいし。


そこでHERSCHEL
lookbook14



カナダ生まれのHERSCHELのバッグは自転車専用というわけではありませんが、そのシンプル過ぎるほどシンプルなルックスと機能性が、自転車にちょうどよい。
もちろん、「ロードバイクでロングライド」とか「MTBで里山トレイル」などといった乗り方にはむきませんが、街乗りやポタリングには十分にお使いいただけます。
というより、こういうシンプルなバッグで街を走っていただきたい、是非。



今回はそんなHERSCHELの2モデルを紹介します。



先ずはこれ
lookbook6
VILLAGE ¥13,440
大きさ:約 48x28x15(cm)




上の写真はかっこよすぎるので、日本人のおっさんがかつぐとこんな感じになるという例。
P1030083 P1030086
自分でいうのも何ですが、シンプルなデザインなので、あまり使われる方の年齢は選ばないのでは?



HERSCHELのバッグの特徴として、みな裏地がめでたい紅白のストライプになっている点が挙げられます。
また、VILLAGE他 数モデルには、内部の背中側がノートPCが安全に運べるポケット付き。
P1070237

自転車専用のバックパックでは当たり前ですが、外側の背中が当たる部分には蒸れないようにパッドがついています。
普通のバッグパックだと、ついてるもの少ないです。
腰のバンドはファスナーで取り外せるようになっています。
P1070240
どれもちょっとしたことなのですが、自転車通勤・通学のコミューターにはうれしい仕様です。


現時点ではBLK、WHT、REDの在庫がございます。他のカラーも取り寄せ可能。
P1070234 P1070230 P1070232





そして、もうひとつはVILLAGEより少し大きいモデル
lookbook19
ZIPPO ¥14,490
大きさ:約 53x28x15(cm)




基本的な機能はVILLAGEといっしょです。
ノートPC用ポケット付、外側の背中のパッド付。
P1070227 P1070228 

上を閉じたときの直方体の形状がユニークなので人気です。
上下がブラウン(TANというカラーの合皮素材)だと、HERSCHELらしいカントリー調のゆるーい感じになりますね。
P1070229 P1070224
少し大きいので、2~3日の出張にもってこいだと思います。


在庫であるのは上の写真のBLK/TAN とNVY/TAN。





HERSCHELのバッグかついでいるような、スマートな自転車乗りが街に増えるといいですね!
イーストリバーサイクルズは切に願います。



お問い合わせ、おまちしております!
[PR]

by shun_okano | 2011-02-22 23:15 | その他商品紹介
2011年 02月 20日

UNI BAG ニューモデル

御存知、Made in Asakusa の革のメッセンジャーバッグ UNI

新作というか、新しいサイズREGULAR が登場しました。
当店にやってきたのは、下の濃いブラウンでございます。


P1070213
UNI BAG R ¥22,890

裏地のバックスキンも素敵です。
使いこむと、よりかっこよくなる。
P1070223


仕事で使う書類ってやっぱりA4サイズが多いから、UNIだとやっぱりLが実用的。
でも、背中に「すぽっ」とはまる、あの独特なUNIのスタイルを基準にすると、Mの方がルックスはよりUNIらしい。
「さて、どっちにしようか・・・・」


そこで、考案されたのがREGULAR。
P1070208
手前の赤いのがM。
大きさがLとMの真ん中になりました。A4、入ります。

是非、どうぞ。




Mの赤も紹介しておきます。
なかなか無い色の革だそうです。
P1070218

P1070220
UNI BAG M ¥19,740


そんなに派手な赤ではないので、男性が使ってもおかしくないかもしれませんね。



春に向けて、おひとつUNI BAG いかがでしょうか?



宜しくお願いいたします!
[PR]

by shun_okano | 2011-02-20 17:51
2011年 02月 19日

Mr.H's VIVALO TRACK

固定ホルモン会 等で長年お世話になっているH様のVIVALO TRACK を先日納車いたしました。
シングルギアの自転車を1台所有していらしたですが、試乗車の乗り味の素晴らしさに感動され、フレームののせ替えを決めていただいたきました。


P1070141


カラー、ロゴデザイン 等、かなりこだわった1台となりました。
クラシックと現代のテイストの融合といったところ。
チューブは定番のKAISEI8630R。
ダンシンングでヒルクライムをするにはもってこいの、反応の速いチューブです。



P1070134

P1070136



ロゴは旧タイプを選択されました。
レトロな字体が素敵です。
P1070119

P1070122

後ろから覗くと三角からロゴが。
P1070130



全体のカラーはガンメタリック。
ラグはフラボン塗装というやり方で塗られている、透明感のあるブルー。
シルバーを下地にして、その上に薄いブルーが塗られているそうです。
メッキとは異なる高級感がありますね。
P1070120



フォークはアヘッドタイプで。
さらにチネリマイク・ジャイアントとのコラボ バーテープが巻かれると、かなり今っぽいさが加わります。
ここで、革なんかを巻いてしまうと余りにもまとまり過ぎてしまいますが、ここでこのバーテープを選ぶのがH様らしい!
P1070139




またまた、個性的でかっこいいVIVALOが1台、誕生しました。
この自転車でH様はたくさんの峠を駆け巡ることでしょう。
御報告が楽しみです!




このようにVIVALOでは、様々な御要望にお答えすることが可能です。

ロングライド・レース・街乗り 等、どんな用途にも対応できるクロモリフレームをお探しのお客様は、是非一度東京で唯一のVIVALO販売代理店であるイーストリバーサイクルズにお声をおかけ下さい。
お客様が長い時間をともに過ごしていただける1台を、必ずや御提供いたします。


お待ちしております!
[PR]

by shun_okano | 2011-02-19 19:55 | VIVALO
2011年 02月 19日

自転車歌 その②

自転車をテーマにした楽曲を取り上げるシリーズ二回目は、もはやロードバイクが好きなら聞いたことが無い人がいないくらい、昨今のブームにより有名になったこれ。


KRAFT WERK TOUR DE FRANCE (1983)


そう、J SPORTS の中継でいつも流れているあの曲です。
サッシャさんの解説が聞こえてきそうですね。


この曲をつくったのはKRAFT WERK というドイツのグループ。
1970年代から活躍しており、いわゆる「テクノ」の先駆けです。
我が国のYMO他、その後のテクノやヒップホップに大きな影響を与えました。


リーダーのラルフ・ヒュッター氏はロードバイクマニアで有名で、そんなこともあってこのテーマ曲を手がけるに至ったらしい。


紹介したPVは83年時に作られたものですが、先頭を走るラルフ氏だけでなく他のメンバーのロード姿も結構様になっていて、ほほえましいですね。



その後この楽曲は高く評価されるようになり、ツール・ド・フランスの100周年を記念して、2003年には新たな楽曲が加わってアルバムがでました。

d0180357_1462642.jpg

ツール・ド・フランス アルバム
1983年当時にシングルに使われたジャケットと同じデザイン。
かっこいいです。




古くからの自転車ファンには、F1でもよく知られるスクエアのアレの方がツール・ド・フランスというとお馴染みのようです。


でも、やっぱりクラフトワークの方がロードレースの映像には合いますよねー。
このドライで知的な感じと、気持ちを高揚させる単純なリズムが、まさにロードの世界。



好きです!
[PR]

by shun_okano | 2011-02-19 15:02
2011年 02月 18日

CINELLI のクロモリロードもいいね

といっても、定番の高級クロモリフレーム SUPER CORSA ではありません。

2011年度CINELLIのニューモデル、GAZZETTA DELLA STRADA フレームセット¥73,500

GAZZETTA DELASTRADA


GAZZETTA DELLA STRADA


昨年ヒットしたピストモデル GAZZETTA のロードバージョンです。
「DELLA STRADA」とは「ON ROAD」という意味らしく、ストリートよりさらに一歩踏み出た乗り方をするための進化形といったところでしょうか。
GAZZETTA DELLA STRADA



クロモリですがパイプは太目なので、ルックスはかなり現代的です。
他のCINELLI モデル同様、COLUMBUS のチューブを採用しております。
GAZZETTA DELLA STRADA


でも、ロゴはピストモデル同様、クラシックタイプ。
いかしてます!
GAZZETTA DELLA STRADA

GAZZETTA DELLA STRADA


街乗り+ツーリングといった使い方を想定しているモデルなので、25Cのタイヤまでは装着できるクリアランスが確保されていて、キャリア用のダボ穴もあります。
GAZZETTA DELLA STRADA




完成車にした場合のだいたいの目安は以下のとおりです。
ホイールやその他のパーツによって変わってまいりますので、御相談ください。

シマノ 105の場合・・・フレーム代 + 14万前後
シマノ TIAGRAの場合・・・フレーム代 + 12万前後
カンパ ATHENAアルミの場合・・・フレーム代 + 20万前後
カンパ VELOCEの場合・・・フレーム代 + 15万前後







不安定な天気を繰り返して、じょじょに春が近づいております。




今日はロードを探している真っ最中という友人のF君が御来店。
9月には自転車でツーリングの旅に出かけるそうです。
いいなー、若いって!

ちゃっかり、デラストラーダすすめさせていただいたのですが、F君みたいな人に乗ってもらいたいですねえ、これ。
かっこいいですよ。



あったかくなってきたので、自転車で外の世界へ!
お待ちしております!!
[PR]

by shun_okano | 2011-02-18 00:11 | CINELLI
2011年 02月 17日

2011 モデルのAQUA はカラフルだ

P1070157

P1070162


スペイン最大の自転車メーカー ORBEA の初心者向けロードモデル AQUA
先日紹介しましたSHIMANO TIAGRA 仕様に引き続き、SORA仕様も入荷いたしました。
ORBEA AQUA+SORA ¥98,700
カラーはレッドとブルーの2色。

正直申し上げて、2010年モデルと何も中身は変わっていません。
TIAGRA仕様を紹介したときも書きましたが、このフレーム何年も変わっていません。
メーカーがさぼっているのではなく、「あまりにも良いフレームだからモデルチェンジしていない!」と今回は言い切ってしまいます。
「あまりにも」はオーバーですが、実際初心者の方には、適度な剛性感のある良いフレームだと思います。


P1070159

P1070168


TIAGRA 仕様同様、カラーはホワイト基調で、タイヤもホワイトのカラーものが採用されています。
このポップさは今までのロードにはなかった感じで、女性のお客様にはなじんでいただきやすいのではないでしょうか?
若い方だけでなく、年齢が上の方が乗ってもおかしくない上品さもありますね。


ポップついでにイーストリバーサイクルズでは、バーテープも付属のものでなく、カラフルなもので合わせてみました。


P1070161


P1070170

CINELLI FLAG RIBBON ¥1,260 (上)
CINELLI MACRO SPLASH RIBBON ¥1,260 (下)


白のバーテープでもいいけど、そんなにお金のかからない範囲で冒険すると、がらっと自転車の印象が変わります。
もともとのかっこいい自転車を、さらにかっこよく個性的に。


ORBEAの自転車はどれもそうですが、コストパフォーパンスについてはヨーロッパブランドの中で随一です。
AQUA+SORAについても、これで¥98,700。
かなりいいと思います。
1台目のロードをお探しのお客様は、是非これから始めてください。
宜しくお願いします!







「この値段でもカミさんが許してくれないなぁ・・・」というお客様には、さらにもう1台。
P1070172
ORBEA 2010年モデル AQUA+SORA 特別価格  ¥7*,***  残り1台!!
御成約済み。ありがとうございました!


サイズは51ですから、御身長が160センチ台後半から170センチ台前半の方向けです。
かなりお買い得になってます。
こちらも是非!!
[PR]

by shun_okano | 2011-02-17 19:17 | ORBEA
2011年 02月 12日

CALAMITAのロードだったらカジュアルでもOK

最近よく感じるのが「ロードには乗ってみたいけど、あの恰好はちょっと・・・」というお客様が多いこと。
そう、あのピタピタのレーシングパンツというやつですね。
私も自転車に乗り始めてずいぶん経ちますので大分神経は麻痺してますが、あれをはいたまま街中のコンビニに入ったり、都内の地下鉄に乗ったりするのには、いまだに抵抗があります。


さらにそうしたお客様のお話しをうかがうと、自転車本体についていえば、アルミやカーボでできた太いパイプのロードバイクというのは、「レーパン」文化と直結しているようです。
デザインも派手で強そうですしね。
「ああいうバイクに乗るには、ああいう恰好をしなければならない」と、勝手に思い込んでいるお客様も少なからずいらっしゃるほど・・・






そこで、これ。
P1070082
CALAMITA UNO  ブルーノッテ ¥118,650


クラシックなスタイルのスチールフレーム。
これは大丈夫な方が多いです。
かえって自転車に全然乗っていないお客様からも、「かっこいい!」なんて声をかけていただいたりします。
やっぱり普遍的な美しさがあるのですね。


ただ、イタリアンブランドのものだとフレームだけで20万以上しちゃいますし、20万円以下の完成車だとデザインがちょっとやんちゃな感じで高級感がなかったりします。



P1070088
P1070086
そこでCALAMITA

CASATITOMMASINI 等の輸入代理店であるアクションスポーツのオリジナルブランドです。
10万円代の完成車とは思えない高級感でしょ?
イタリア有名ブランドのクロモリフレームを得意とする会社ならではのセンスですね。


P1070091
P1070098
P1070092


シンプルなラグ(パイプとパイプのつなぎ目の部材)が採用されたフレームは、ロウ付け溶接で作られている本格的なものです。
淵がゴールドになっているところも、芸が細かい。

カラミータ・オリジナルのパイプは、しなやかにスピードがのびるクロモリの良さを十分に味わっていただける性能があり、軽さもUNOで9.3キロ!
街乗りだけでなく、ロングライドやちょっとしたレースで使っていただいても満足していただけると思います。


P1070093


完成車のギアにはクラシックな外観を優先するために、ダブルレバーが採用されていますが、本格的に乗るんだったら、やっぱりシマノのSTIレバーに交換してもいいかもしれません
SHIMANO SORAレバー+アウター受けでプラス¥18,234。
最初から変えてしまう場合は工賃をいただいておりません。






こんなスタイルのロードバイクでしたら、普段着で乗っても違和感ないですよね?
街乗りにエクササイズに、幅広くお使いいただけるはずです。




レーパンとはほど遠い、こんなのも似合いそう・・・




ロードに乗ったことがない方も、是非CALAMAITAから始めてはいかがでしょうか?
新しい世界が広がりますよ!
お待ちしております。
[PR]

by shun_okano | 2011-02-12 19:10 | CALAMITA
2011年 02月 09日

CCP の冬~春物 愛用しております

先日ブログにアップしました第3回イーストリバーサイクリングですが、そのときに私が着用していたウェアを紹介したいと思います。

写真はおっさんである私が着たほうが多くの方々の参考になるかと考え(「こいつでも着れるんだから自分も」といった具合)、私自身がモデルをつとめております。
最近、ちょっと冬ぶとり気味にもかかわらず開き直っております点、何卒お許しください。



先ずは上着。
P1070102
CCP フード付きライディングジャケット ¥21,000

当日は晴れていましたが、気温が10度前後の東京の冬らしいお天気。

そんなときに自転車に乗るときのウェアというのは、ロード乗りが着ているような典型的なサイクリングジャケット+冬用サイクリングジャージ+冬用レーパンというスタイルであれば問題ないのですが、街乗りだしちょっとお洒落したいなと思うと非常に難しい。

そこでCCP。
サイクリングカジュアルと得意とするブランドのジャケットは、高機能で風を防ぐけど適度に汗はのがしてくれます。

P1070109
御覧のとおりピラピラですから、こぎ出しは寒いですが、20分もこげばポカポカしてくるので、上はこれで十分。
見た目より全然暖かいですよ。
袖口と裾はライクラでできていて、寒さを進入させません。

P1070107
後ろのポケットもでかくて便利!


自転車に乗るときの上着は、どんなに寒くてもダウンはなるべくやめましょう。
しばらくこぐと汗をかいて、結局寒い思いをすることになります。



ジャケットの下は、ちょっと風変わりなサイクリングジャージ。
P1070112
CCP サイクリングジャージ ¥15,750

チドリ柄のサイクリングジャージは、街着としても問題ないCCPの真骨頂。
裏起毛ではないけど、暖かく汗を逃がす本格的なサイクリングジャージ。
サイクリングジャージというと、ロゴだらけの派手派手なものが多いですが、そんな中でこの渋い柄のジャージは逆に結構目立ちますよ。
P1070114


さらにその下は高機能アンダー。
P1070118
CCP サラカラロングスリーブ ¥11,550 サラカラスパッツ ¥11,550

東レの高級新素材SARAKARA HOT を採用したアンダーウェアは、とにかく寒さを防いでくれます。
あったかくなるというよりも、肌をもう一枚着ているような不思議な感覚。
もちろん、汗でべたべたになることもありません。

P1030675
P1030676
他メーカーのアンダーウェアと大きく違うのは、素材はもちろんなのですが、街着としてのデザインや機能も考えられているところ。
腕や足の部分のは写真のような模様がほどこされていて、外のでていてもそれほど本格的な感じに見えないようになっています。
スパッツは七分丈パンツやニッカポッカの下にはいても違和感ないですね。


P1030678
ロングスリーブは裾がこんなラインになっていて、スパッツも前空きがあるので男性には非常につかいやすい!



1月・2月と寒い日が続きますが、こんなウェアがあるだけで自転車に快適に乗れるので、冬の楽しみがかなり増えるというもの。


だいぶ在庫が少なくなってきておりますので、御興味のあるお客様はお早めにお問い合わせください。



お待ちしておりまーーす!






P1030604
寒いけど、サイコー!
[PR]

by shun_okano | 2011-02-09 19:57 | CCP
2011年 02月 06日

第3回イーストリバーサイクリング無事終了!

P1030607


御報告が遅くなりましたが、ゆるゆるポタリングライド 第3回イストリバーサイクリング、無事終了いたしました。
参加者のみなさま、御協力いただき、誠にありがとうございました。



今回は予定どおり、亀有のちょっと先にある東京の名湯「明神の湯」さんを目指して、かなり寒い中のライド。
コースは途中荒川サイクリングロードを経由するので、かなりの向かい風が予想されましたが、当日は・・・





店を出てから、高速小松川線の下のサイクリングロードを通って、大島小松川公園へ。
イーストリバーサイクリングでは無理せず、先ずは小休憩です。
甘いものを補給します。
「ちょっと早いんじゃないの」という話しもありますが・・・・。
P1030597


「さあ、荒川CR走るぞ!」と意気込みましたが、あいにく右岸側はマラソン大会でサイクリングコースはクローズ。
最近のマラソンのはやり方、ほんとに半端ないですね。
休日になると、どっかで大会やってるような気がします。
しょうがないので、平井大橋を渡って中洲に移動。


P1030598
これが大正解。
人が全然いない!
おまけに、風も全然ない!
思わずスピードを上げてしまう一同。
P1030599
おーい、待ってくれー。



スカイツリーがよく見える堤防の上で小休止(一番上の写真)。
P1030610
PON氏の10年以上前のMTBの名車(KLEIN)を囲んで自転車談義で盛り上がる一同。
確かにこの時代のMTBはかっこいい。

いよっ、名人!(冗談じゃなくて、けっこう凄いKURIONE氏)
P1030608


高速の下も結構とばせて、気持ちいい!
P1030611
快調、快調。こんなに風がないのは本当にめずらしいです。
P1030614


堀切、お花茶屋を経由して曳船川親水公園沿いを走り、亀有まで。
このコースかなり走りやすい。
P1030616


亀有到着。お約束の両さんにごあいさつ。
P1030618
お世話になっているCCPの木島社長と御家族のみなさんも合流。
P1030621



昼食は亀有の名店「亀有メンチ」さんにうかがいました。
P1030632
ここでは数種類の味の異なるメンチを、どんぶり・定食・サンドイッチ 等でいただけます。
オーダーを受けてからメンチを揚げるので、でてくるまでにちょっと時間がかかりますが・・・
P1030626
P1030628
P1030625
食べ始めるとこの調子。ほんっと、うまいです!
でも、ちょっと頼みすぎじゃね・・・・。


お腹が満たされたところで、今回のメインの「明神の湯」さんへ。
P1030515
P1030513
当然お風呂の写真はないのですが、ここの温泉はすごい!
源泉の黄土色のお風呂の他に、蒸し風呂他、数種類の温泉。
それに加え露天風呂!
要塞のような建物の裏が露天風呂になっているのですが、屋内の風呂場の面積と同じくらいの広さなんです。
冷たい空気の中、露天風呂につかっていると、ここが足立区であることを忘れてしまいます。


風呂上りは、お決まりのお座敷+休憩スペースでまったりと。
ここの「下町かき氷」はなかなかで、山盛りに盛られたかき氷の上にお好みのシロップをかけたいだけかけるというスタイルです。
P1030634
温泉にもかき氷にも御満悦な両氏。
P1030641
休憩スペースの師匠。お疲れ様です、いつもありがとうございます!


ここでまったりしていたら、すっかり外は真っ暗。
木島一家と別れた一行は、さすがに帰りは一般道を通って向島経由で森下へ。
一日、楽しいライドを無事終了いたしました。




今回の温泉ポタリングというのは、結構斬新な企画ではなかったかと、自負しております。
なかなかこう寒いと初めの一歩を踏み出すのがしんどいですが、自分の目の前ににんじんをぶらさげて、1月でも2月でも自転車で遊びにいきましょう!

明神の湯」さんは温泉ツウの方にも結構知られたところらしいので、今回参加していただけなかったみなさんも自転車で是非行ってみてください。


ウェアなんかも冬用のいいやつをそろえちゃったりして。
冬には冬の楽しみ方があります。


P1030605
葛飾・足立もいいですね・・・



次回も宜しくお願いします!





追伸:今回参加していただいたPON氏は、ポタ翌日に開催されたGPミストラル シクロクロスレースに参加し、見事カテゴリー3で優勝されました。おめでとうございます!温泉効果か?
[PR]

by shun_okano | 2011-02-06 19:01 | イベント