2014年 10月 19日

素敵な思い出「古民家ライド」、お疲れ様でした!

ERC_kominka-130



ちょうど一か月くらい前になりますが、檜原村に移住した友人のジンケン君にガイドを頼んで、イーストリバーサイクルズ主催の「古民家ライドツアー」を開催しました。

ほとんど平地の無いあきるの市と檜原村を、上ったり下ったり思い切り走って、夜は古民家に泊まらせてもらって、参加者のみなさまと楽しい時間を過ごしました。

ERC_kominka-178

ERC_kominka-173


何かとたて込んでおりまして、ブログにあげられなかったのですが、遅ればせながら簡単に報告させていただきたいと思います。







走ったルートは、一日目があきるの市と八王子市にまたがる地域をぐるっと一周、二日目は檜原村をだいたい一周といった感じでした。

ガイドのジンケン君が案内してくれた道は、こちらのリクエスト通り、旧道と林道ばかりの、非常に味わい深いもの。

ERC_kominka-96

一同、大変満足致しました。







先ずは一日目の様子をダイジェストで。

ERC_kominka-1

ERC_kominka-20

ERC_kominka-39

ERC_kominka-46

ERC_kominka-51

ERC_kominka-55

ERC_kominka-68

ERC_kominka-90

ERC_kominka-95

ERC_kominka-100

ERC_kominka-109

ERC_kominka-127

ERC_kominka-135

ERC_kominka-142

ERC_kominka-148

ERC_kominka-167

ERC_kominka-165

ERC_kominka-171

ERC_kominka-172

走った距離はそれ程ではありませんが、絶え間なく大小の峠が現れるので、結構お腹いっぱいになりました。

武蔵五日市の駅を出てからしばらくは、市街地もちらほら現れますが、やがて物音ひとつしない峠道へ。

コスモスや彼岸花などの秋の花々や川のせせらぎが本当にきれいで感動したのですが、最後に訪れた鍾乳洞でとどめをさされました。

夜は古民家の庭でバーベキュー。

おいしい空気の中で味わうお肉や飲み物は格別でしたが、疲れていた一同は早々に就寝しました。







二日目の様子はこんな感じ。

ERC_kominka-179

ERC_kominka-185

ERC_kominka-189

ERC_kominka-194

ERC_kominka-200

ERC_kominka-208

ERC_kominka-211

ERC_kominka-224

ERC_kominka-230

ERC_kominka-233

ERC_kominka-246

ERC_kominka-247

ERC_kominka-259

ERC_kominka-255

ERC_kominka-271

ERC_kominka-274

ERC_kominka-273

ERC_kominka-279

起床後は地元のパン屋さんのバターロールとコーヒーをいただき、出発前には冬の大雪でつぶれてしまった倉庫の片づけ。

オーナーの萩原さんと再会を誓い別れてからは、檜原村内のライドを堪能しました。

一日目のルートと比較するとかなり山深く、上りもきつかったですが、上りきったところからの絶景は一日目以上の感動がありました。

この日のハイライトな何と言っても、数キロのロードバイクでのダート走行。

初めてでとまどった参加者の方もいらっしゃいましたが、個人的にはとてもエキサイティングでした。

ライドのしめに予定していた温泉は、施設の故障で足湯のみを楽しむにとどまりましたが、これもまた良い思い出。

武蔵五日市駅に戻ったときには、すっかり暗くなり、近くのコンビニで買った飲み物で軽く乾杯してから、各自帰途につきました。






今回、道案内だけでなくユーモアを交えた解説で檜原村近辺の魅力を我々に伝えてくれたジンケン氏、重い一眼レフをかついで一緒に山を登って貴重な写真を撮ってくれたマエダ氏、素晴らしい空間と食事を提供してくださった古民家オーナーのハギワラさん、また最後まで楽しく安全にライドを終えるために協力してくださった参加者全員に心から感謝致します。





IMG_2201

グループライドはやっぱりいいですね!

また、やりましょう!











*すべての写真を御覧になられたい方は、コチラからどうぞ。
[PR]

by shun_okano | 2014-10-19 20:58 | イベント


<< 「こころ旅」とCALAMITA...      BROOKS CAMBIUM ... >>