イーストリバーサイクルズ での出来事

eastriver1.exblog.jp
ブログトップ
2013年 10月 18日

VIVALO カスタムCX フルメッキ仕様

シクロクロスのシーズンが始まり、イーストリバー周辺ではそんな話題がお客様からちらほら出るようになりました。

d0180357_1751239.jpg


今年も11月23日(土)・24日(日)の二日間にわたり、埼玉県の秋ヶ瀬公園で「秋ヶ瀬の森バイクロア3」を開催いたします。

d0180357_18253321.jpg


縁があって私も運営にかかわっているこちらのイベント、アクセスや会場の雰囲気の面で「最も参加しやすいシクロクロスイベント」として御好評いただいております。

レースのエントリーはコチラ

フードブース 等も充実しておりますので、観戦だけでも十分お楽しみいただけます!











バイクロアには当店でお馴染みのVIVALOも出展いたしますが、今回は、先日お客様のA様がオーダーしてくださったピカピカのシクロクロス車の御紹介。



IMG_4109

IMG_4111

IMG_4157

A様は以前にロードバイクをオーダーしてくださいましたが、VIVALOのシャープな乗り味とオーダーの自由度に大変御満足していただき、今回シクロクロスもVIVALOで御注文いただきました。

誠にありがとうございました!








前回はヘッドが1インチでラグドというVIVALOのスタンダードな仕様でしたが、今回はオーバーサイズ(1 3/8インチ)にラグレス。

さらに、ヘッドはインテグラル(ヘッドチューブ側にベアリングの受けがある)という、実用性の高い現代的なクロモリバイクになりました。

IMG_4116







そして、何といってもフルメッキ!

クロモリフレーム好きであれば、だれもが一度はやってみたい塗装です。

フイレット加工(接合部に金属ロウを盛って接合する方法)と相まって、非常に美しい仕上がりになりました。


IMG_4122

IMG_4128

IMG_4131

IMG_4136






ホイールはA様が御自分で組まれたもの。

タイヤはCHALLENGE のフラッグシップモデルであるTEAM EDITION

IMG_4145

高級なコットンが素材として採用されており、土の上を走ったときのしなやかさに重きがおかれている正に「CXタイヤ」です。







フォークの RITCHEY WCS CX。

最近よく見るENVE同様、剛性の高いCX専用フォーク。

その他のコンポ以外のパーツもRITCHEYでまとめました。

IMG_4142 IMG_4153

IMG_4130






定番のシマノ BR-CX70 は安定した制動力。

昔のカンチブレーキと比較すると雲泥の差があります。


IMG_4149









冬だったら、シクロククロスの大会(最近また増えてきた)にでてみたり、枯草の上を走ってみたり。

暖かくなっても、ツーリングバイクとして使えるシクロクロス。




VIVALO のスチールフレームでシクロクロスを1台いかがでしょうか?

フレーム&フォークで14万くらいから。

是非、御検討ください!


 









一昨年のバイクロアを埼玉県さんがまとめてくださったもの。

こんな雰囲気で毎年、やらせていただいております!
[PR]

by shun_okano | 2013-10-18 09:35 | VIVALO


<< またまた VIVALO カスタ...      あなたはどちらのEXPERIE... >>