2013年 07月 15日

自転車旅+キャンプに役に立ちます

5月に自転車に荷物を積んで、音楽フェスでキャンプをしてきたイーストリバー店主。

IMG_0281

IMG_0282




自転車+キャンプ(1泊)は、荷物が5キロそこそこになるので、ライドは想像していたよりもハードでしたが、車ではなく自転車という道具を使って自力でキャンプ場まで行って、キャンプをするというのはなかなか面白い体験です。

みなさんも是非、一度お試しください。

夏は山の上に行かないと暑くて気持ちよくキャンプができませんが、自転車で上るのはなかなかきつい。

秋の平地でのキャンプなどが、最初はよろしいかもしれません。









というわけで、自転車+キャンプで役に立つ商品を、いくつか紹介させていただきたいと思います。




先ずはパニアバッグ。

IMG_0389

ORTLIEB BACK-ROLLER CLASSIC ¥18,690


自転車旅行のド定番のパニアバッグ、バックローラークラシック

恥ずかしながら使用するのは初めてだったのですが、これ非常に機能的で最高の使い心地です。



容量は両側で40リットルとたっぷりなのですが、ぱんぱんにしなくても、荷物の入っていない部分を巻き込んでコンパクトに。

IMG_0391


キャリアからの着脱も非常に楽で、外した後も付属の肩掛けストラップを上蓋のストッパーに装着できて便利。

IMG_0231


夜はリアの反射素材が強烈に光ります。

IMG_0363



カラーはレッド以外に、ブルー・イエロー・グレー・ホワイトロゴ・ブラックの5色。

パニアバッグで迷っていたら、ちょっと高くても先ずはこれを使うことをお奨めします。

お値段のことだけ、絶対あります。










それから、寝袋。

IMG_0381

DEUTER DREAM LITE 500  ¥7,560


私は自転車屋なので、アウトドアグッズはそれ程詳しくありませんが、親しくしているアウトドア屋の店長に聞いたところ、自転車乗りにもバッグパックでおなじみのドイターのこれが一番良いとのこと。

何といっても、御覧とおりの小ささ(25センチX12センチ)!

そして重量も600グラムと、このお値段にしては軽量。

携帯性がキモの自転車キャンパーにとっては、必需品ともいえる寝袋です。



IMG_0379

保温性についても、5月から9月くらいであれば標高の高いところでも使用可。

それ以外の季節でも平地であれば、十分快適です(真冬を除く)。







そして、たっぷり遊んだ帰りは、電車でビールでも飲みながらゆったり輪行で。


輪行バッグは、個人的にいろいろと試しておりますが、今回使ったのはこれ。


IMG_0235

TIOGA 29er COCOON   ¥4,830



前輪だけを外して収納するタイプでは、定番の輪行バッグ、タイオガ コクーン。
後部のチャックを開けて、後輪を転がしながら移動できる利便性が、多くのサイクリストの支持を長きにわたって得ています。

d0180357_2113406.jpg


肩掛けストラップも装着しやすくて便利。



29er コクーンは、その名のとおり29インチのMTBをすっぽり収納できるサイズの輪行バッグ。
素材はスタンダードサイズと比較すると少し厚手ですが、たたんでも285ミリX170ミリの大きさに収まります。

d0180357_2174966.jpg



もちろん29erのMTB用なのですが、キャリアーが装着されたツーリングバイク 等にも御使用いただけます。

IMG_0229


ロード用やミニベロ用もありますので、使い勝手が気に入った方は是非お試しください。








テント・バーナー・クッカー等については、軽量であればあるほどよいと思いますので、お近くのアウトドア店にてお尋ねください。





自転車キャンパーにしか使い勝手の良さがわからない、パニアバッグと寝袋と輪行バッグは、是非当店にてどうぞ!


ウェブショップはコチラから。








IMG_0279

夏、本番。

たくさん楽しみましょう!
[PR]

by shun_okano | 2013-07-15 18:03 | その他商品紹介


<< BRUNOニューモデル 早くも入荷      BRUNO 2013モデル 残... >>