2013年 07月 04日

レーパンに限りなく近い「ホボレーパン」

自分はいつしか自転車で遠出するときにレーシングパンツをはくことが少なくなりました。


レーシングパンツが非常に機能的でペダリングには最適であることは重々承知なのですが、ロードやピストで「街乗り以上、トレーニング以下」のような乗り方をする機会が多くなった昨今、レーシングパンツはトゥーマッチのような気がしてきたのです。


輪行する際にも、可能であればTPO的にレーパンじゃない方が良いのではないかと。







それじゃ、代わりに何をはいているかというと、コレ。

IMG_5674

IMG_5412

IMG_5485

CCP PS-L014 ブラウン   ¥17,850



サイクリング・カジュアルウェアの草分けCCPが、一昨年からスポット的に製作・販売しているこのパンツ、吸湿速乾性、ストレッチ性、肌への密着具合 等、限りなくレーパンに近い。

しかし、Tシャツやポロシャツと合わせて町を歩いてもちっともおかしくないシルエットになっています。

まさに私の最近の使い方にぴったりのパンツです。




私が尊敬する京都の空井戸サイクルの店長は、私と同様このパンツをいたく気に入り、「ホボレーパン」と命名しました。

以後、CCPでもこのシリーズを「ホボレーパン」と呼ぶようになり、イーストリバーでも「ホボレーパン」として販売するに至っております。





よく考えると自分の乗り方ではレーシングパンツである必要がないお客様初心者の方でレーパンには抵抗があるが本格的にサイクリングをしたいと思っているお客様には、是非お試しいただきたいパンツです!






基本的にスポット生産なのでCCPにも在庫が無いのですが、このたびCCPのストックルームにMとLが1本ずつ残っていたので、当店で仕入れさせていただきました

d0180357_20444235.jpg




各サイズ1本ずつですので、お早目にどうぞ!



通販サイトはコチラです。






そして、最近マイナーチェンジされたモデルがでました。

d0180357_20535376.jpg


d0180357_20541770.jpg


d0180357_20543752.jpg


CCP PS-TA07 オックスブラック  ¥17,850



PT-L014 よりもウエストの位置を3cm高くし、膝にダーツを入れました。

ポケットがひとつ減った分、よりタイトでスマートなルックスに。

素材は柔らかくドライな特徴のあるものになっています。





当店にはMサイズのみ在庫しておりますが、こちらですと現時点では別サイズがお取り寄せ可能です。

d0180357_2101734.jpg


PS-TA07 のデザインの方がお好きなお客様、通販サイトはコチラで。







ウェアでサイクリングの敷居が高くなってしまっている点については否定できないところ。

CCP等のカジュアル系のブランドには、もっともっと頑張ってもらいたいですね。




取り急ぎ、このパンツは騙されたと思って是非お試しを!







IMG_7133

宜しくお願いいたします!
[PR]

by shun_okano | 2013-07-04 21:17 | CCP


<< Cafe du Cyclist...      久し振りに VIVALO のシ... >>