イーストリバーサイクルズ での出来事

eastriver1.exblog.jp
ブログトップ
2013年 06月 23日

またまた女性のお客様にVIVALO CX を

「シクロクロス」というと大半の方のイメージは、
d0180357_18125691.jpg

こんな感じですが、








d0180357_18165760.jpg


d0180357_18164730.jpg

新緑の山の中を、シクロクロスでこんな感じで走るのも良いと思うわけです。

30以上の太さのスリックタイヤを履けば、舗装路はもちろんのこと、ちょっとした砂利道なんかも走れてしまいます。




冬の「競技車」としてだけでなく、春夏の「ツーリング車」としても、是非シクロクロスを御利用ください。










そんな楽しいことをしたい、と考える女性のお客様は少ないながらもいらっしゃるようなのですが、シクロクロスは競技人口が増えたといっても、まだまだマイナーなジャンル。

御身長が150センチ台の女性が乗ることができるシクロの完成車やフレームなんて、めったにあるもんじゃありません。








そこで カスタムの VIVALO CX

IMG_3054

IMG_3061

IMG_3062


これで当店が、小柄な女性のお客様向けにVIVALOをお作りするのは3回目。




オーナーのS様はクロスバイクには乗っていらっしゃいましたが、もっと長距離を走ることができる自転車を探されている過程でシクロクロスの存在を知りました。

ロードバイクみたいな細いタイヤで乗るのは怖いし、旦那様やお嬢様がMTBに乗っていらっしゃるので、「太いタイヤが装着可能で、路面を気にせずゆっくり走れて、長い距離を乗っても疲れない」シクロクロスが候補として急浮上したわけです。

ところが、試乗会やサイクルモードに出かけても、身長が154センチでいらっしゃるS様には乗ることができるフレームサイズがない。





というわけで、ウェブサイトで当店に辿り着き、今回VIVALOを御発注いただくに至りました。






サイズ・ジオメトリー・パイプ 等、性能面で自由な選択ができるのはもちろんですが、やはり女性のお客様に喜んでいただけるのが(男性のお客様も)、色やデザインを自由にできる点。

今回のS様の場合も、おおいに楽しんでいただけたかと思います。

IMG_3066

S様のこだわりが詰まった1台になりました。






vivalo_2374 vivalo_2377

ロゴやカラーは御本人様のお好みどおりに。

光沢のある上品な緑に、ミラーシルバーのロゴが主張し過ぎず、とても良い感じ。

ステムとフォークは、クラシック風にスレッドタイプです。





パーツは御要望をうかがいながら、デザイン面や性能面で優れたものを推薦させていただきました。



IMG_3071

PAUL のポリッシュのカンチブレーキとか・・・


IMG_3075

CAMPAGNOLO VELOCE のコンポとか・・・


IMG_3072

H PLUS SON のリムとか、JACK BROWN のタイヤとか・・・・



IMG_3068 IMG_3070

もちろん、BROOKS の革のサドルとかバーテープとか。



BROOOKS については「革のサドルって硬くてつらいんじゃないの?」という御質問をよく受けますが、決してそんなことはありません。

最近のBROOKSのサドルに使われている革は、今風に柔らかく馴染みやすいです。






VIVALOを御提供させていただくときはいつもそうですが、店主としては納得していただける1台が完成して、うれしい限りです!






後日、お送りいただいたお写真を見ると、みなさんで自転車を楽しんでいただいている御様子。

vivalo_2368 vivalo_2381

これからもVIVALO、イーストリバーともども、宜しくお付き合いください。










サイズやカラーで、御自分の理想の自転車をあきらめてしまっているお客様がいらっしゃいましたら、是非、VIVALOの販売代理店であるイーストリバーサイクルズに御相談ください。



お待ちしております!













IMG_0261

また、シクロでキャンプに行きたいなあ・・・
[PR]

by shun_okano | 2013-06-23 12:50 | VIVALO


<< 久し振りに VIVALO のシ...      CIELO カラーサンプル、つ... >>