イーストリバーサイクルズ での出来事

eastriver1.exblog.jp
ブログトップ
2012年 06月 23日

そしてPhilosophy Bag

3月にアメリカに行ったとき、街中で目についたのはこんな感じのコミューターや学生たち。

d0180357_17463338.png


キャリアーにパニアバッグというスタイル。

みなとってもスマートで自然だったんですよね。

「あれ、一回やらなくちゃ」と思ってました。







そして、早速 SINGULAR PEREGRINE 通勤号に Philosophy Bag を装着。


PHILOSOPHY BAG

PHILOSOPHY BAG

Philosophy Bag In Trans


Very Smart!




Philosophy Bag はオレゴン州ポートランドで手作りの自転車用のバッグを製作している小さいメーカー。

部品や生地のほとんどに地元ポートランド近辺で調達できるものを使用しており、そのような「地産地消」の哲学に裏打ちされたセンスの良いバッグを作り続けています。

ポートランドは雨の多い地域ですので、機能性も抜群。

100%完全防水ではありませんが、ステイ ドライ フラップシステムにより天然素材が外からの水滴を守りかつ内部を換気してくれます。



実は上の写真は去年のモデル。



機能性がアップしてデザインが若干異なるニューモデルが、最近入荷いたしました。


PHILOSOPHY BAG

PHILOSOPHY BAG

PHILOSOPHY BAG

Burnside ブラック  ¥27,300



PHILOSOPHY BAG

PHILOSOPHY BAG

PHILOSOPHY BAG

Burnside グレー  ¥27,300



PHILOSOPHY BAG

PHILOSOPHY BAG

PHILOSOPHY BAG

InTrans ブラック  ¥27,300




Burnside はスタンダードな形状の旅での使用も想定したパニアバッグ、Intrans はPCや書類が出し入れしやすい街乗り寄りのパニアバッグになっています。




両モデルとも共通しているのはRIXEN&KAUL社のKLICK FIXシステムを採用している点。

取り外しが非常にスムーズです。

P1100062

クラシックな雰囲気のバッグですが、きちっと使えるところがうれしい。



また、外したあとは付属のストラップで肩にかけて持ち運びすることも可能。

P1100065



ただ内部はかなりアナログ。

留め金に木製の物差しが使われているところは、ポイント高いですね。


P1100064



ブラックとグレー以外にもブラウンがございます。

d0180357_19472176.jpg









先日、以前にCieloを納車させtいただいたY様にも、Philosophy Bag を併せて御購入いただきました。

P1100015

ホイールもChris Kingハブで組んだホイールに交換されて(こちらは後日御紹介します!)、これで完璧な旅自転車の完成です。

誠にありがとうございました!







これから暑くなったり長期のお休みがあったりしますから、こんな素敵なバッグを自転車につけて旅をしたりお出かけされてはいかがでしょうか?

是非、御検討ください!




「すぐに欲しい!」という方はウェブショップへ→入口はコチラ










梅雨、早く明けませんかね・・・・
あじさいとかきれいですが。
[PR]

by shun_okano | 2012-06-23 18:52 | その他商品紹介


<< BRUNO 残り ほんの少し      PEREGRINE 通勤および... >>