イーストリバーサイクルズ での出来事

eastriver1.exblog.jp
ブログトップ
2011年 02月 04日

SAETTA 「SPRINT」でいきましょう!

2011年、最初に納車させていただいたCINELLI がこれ。
d0180357_23525126.jpg

d0180357_23531996.jpg



SAETTA SPRINT (フレームセット定価¥231,000 税込)。
CAMPAGNOLO ATHENA のコンポーネントとZONDA 2WAY FIT のホイールで組ませていただきました。
d0180357_0134869.jpg

d0180357_014724.jpg





2011年から登場のカーボンフレームのニューモデルですが、カーボンフレームが星の数ほど市場に出回っている昨今。
どれも良すぎて「これっ!」という決め手に欠けるわけですが、そこは流石CINELLI・・・・
d0180357_035171.jpg

d0180357_036164.jpg

デザインセンスの良さがやっぱり光ります。
青の色はありそうで無い青だし、形状も独特で面白い。
ポップとクラシックの真ん中くらいのところをついてくるあたりが、相変わらずチネリならではです。



特に光るのが(先ほどからお気づきだと思いますが)、トップチューブであります。
d0180357_12839100.jpg

d0180357_130144.jpg

とにかく薄い。
カタログによると、これがシートステーと連なることで振動吸収性が高まり、軽量になった分、BBやチェーンステーをがっちりとつくることができるそうですが、本当なんだろうか?


というわけで、オーナー様にお願いして、ちょこっと乗らせていただきましたところ・・・・



「こりゃ、いい!!」という結論。



ひと踏みしただけで「すぅ~」と前に進む感じは、カーボン独特のかちっとした感じが少なく気持ちいい
剛性はあるんでしょうが、それを感じさせないしなやかさです。


廃止になったWILLIN' をさらに進化させたような印象です。
レーシングマシンなんだろうけど、そんな感じがしないというか。ルックスも含めて。
「もっと長い距離、乗ってみたいなー」と思わせます。



d0180357_1431717.jpg




なんか納得いかないのは、SAETTA SPRINTSAETTA が2機種に分けられていること。
フレームの形状は全くいっしょなのですが、チューブの素材やフォークが全く違うという設定です。
SPRINT なんていうとかなりレーシーなイメージですが、これだったらファンライドでも十分楽しめそうな乗り味です。
となると、下位機種のSAETTAの存在意義がよくわからない・・・・。
まあ、大人の事情でしょうが。



イーストリバーサイクルズでは、せっかく御購入になられるのなら、SAETTAではなくSAETTA SPRINT を推します!
カーボンフレーム初体験のお客様には最高な1台だと思うな~。
是非!



d0180357_1555568.jpg

[PR]

by shun_okano | 2011-02-04 00:46 | CINELLI


<< 第3回イーストリバーサイクリン...      自転車と映画 その② >>